あご/輪郭に関してのよくある質問

ヘッダー広告枠

美容整形・Q&A

あご/輪郭

Q
美容整形手術でアゴ自体を小さくすることは可能ですか?また、手術痕は残りますか??
A

下顎骨切り術、エラ削りなど、骨を削ったり切ったりする手術によってあごを小さくすることはできます。
ほとんどの場合、口腔内からのアプローチになりますので、傷痕は見えません。
しかし、一番腫れやすい手術の1つですので、ダウンタイムは少なくとも2~3週間はみておいた方が良いでしょう。

Q
美容整形手術後、顔はどれくらい腫れますか?
A

美容整形手術の内容や施術箇所にもよりますが、一般的に1週間くらいで目立った腫れは引きます。骨削りは2~3週間くらいは続きます。
周囲の方から見て自然な状態になるにはほぼ1ヶ月くらいかかると考えたほうがよいでしょう。

Q
あごの長さが気になって美容整形手術を考えていますが、削るのは怖くてイヤです。何か方法はありますか?
A

今のところ美容整形手術で、あごの長さを変えるには削る方法しかありません。
ですが、顔立ちによっては鼻や目など、他の部分を整形する事で顔全体のバランスが整い、顎の長さが気にならなくなる場合もあります。詳しくは直接クリニックに相談するとよいでしょう。

Q
ヒアルロン酸注射をして小顔になるのはどうしてですか??
また、効果はどれくらいの期間もちますか?
A

ヒアルロン酸をあごに注入すると、あごが突き出し、引き締まったシャープなフェイスラインが浮かび上がります。そのおかげで体重は変わっていなくても、痩せたように見えるというわけです。
あごのラインを自在にデザインできるヒアルロン酸注入は、施術時間は5分程度の施術です。
効果は約半年から1年で元に戻るタイプと、長期持続型から目的に合わせてセレクトできるクリニックが多いようです。

Q
八重歯と歯並びを短期で治すには、どういう治療法がありますか?
A

歯並びの見た目を変えたい場合、矯正治療を行います。歯の矯正治療は大きく分けて 「歯を移動させる方法」と 「歯を削って、人工物を貼りつける方法」があります。 それぞれのメリット・デメリットを知り、医師に相談のうえ、希望に合わせて選ぶことができます。

歯を移動させる方法

≪期間≫
1~3年くらいの治療期間が必要です。
≪治療方法≫
自分の歯そのものを、時間をかけて移動します。
≪メリット≫
噛みあわせを考え、自分の歯や骨を変えていくので体の歪み改善や、高齢になっても噛める歯が期待できます。
≪デメリット≫
矯正治療のための器具を装着する必要があり期間が必要です。
ただし、最近はとりはずしのできる装置など様々な治療法があるので、自分に合った治療を相談してみるとよいでしょう。
≪治療を行っているクリニック≫
矯正歯科医院、美容整形外科
◇矯正治療の基礎知識(矯正歯科ネット)

歯を削って、人工物を貼りつける方法

≪期間≫
1日程度で完了します。
≪治療方法≫
自分の歯の表面を削り、セラミックなどを貼りつけます。
≪メリット≫
短時間で完了し、(歯の)色や形を変えることができます。
≪デメリット≫
自分の健康な歯を大幅に削る必要があり、 噛みあわせや老後の歯の維持などの、長期的な健康面はあまり配慮されません。
≪治療を行っているクリニック≫
美容整形外科