体験レポート -CAL組織増大術-

ヘッダー広告枠
脂肪吸引+バストアップ「CAL組織増大術」

「自分の脂肪を使ってバストを大きくできる」豊胸術を体験レポート

より高い脂肪定着のために開発されたCAL組織増大術とは?
自分の脂肪を吸い出して、胸に注入する。100%自分の組織だから、とても自然!
…というと、簡単そうに聞こえますが、実はかなり難易度の高い手術
脂肪が思い通りに定着しない場合も多いと言われています。その定着率をアップさせるのが、CAL(キャル)―脂肪の中の幹細胞を抽出し、ていねいに植え付ける技術。 今回のレポートでは、その技術を体験します!

担当ドクター 辻直子院長 担当ドクター 辻直子院長

当セルポートクリニックでは、長年、組織増大術と豊胸術を専門に研究、実施してきました。
最近では乳がんで乳房を失った方の来院も増え、より多くの方の悩みに応えられるようになっています。


体験者プロフィール
高校生の時から胸が小さくて貧相に見えていたのが悩み。洋服が大好きなのに、かっこよく着こなせないのも悲しくて…。
知人の紹介でこのクリニックを訪れました。

気になる結果は?before&Afterを見る!
CAL組織増大術による豊胸手術スケジュール
※上記のCAL組織増大術による豊胸手術スケジュールは一例です。

通院1回目 手術希望日の1週間から4日前

初めてのクリニック訪問で少し緊張している体験者・加山さん。
「ホテルのようなクリニックに驚きましたが、おかげで病院に来ている、という気持ちは薄れ、すぐに落ち着いてきました。」

Step.1 初診・カウンセリング(治療計画作成)
初診・カウンセリング(治療計画作成)

注入脂肪の定着率&術後の変化
セルポートクリニックでこれまで実施したCAL組織増大術の脂肪定着率は、術後1年で50~80%。一度で2カップほど上がる方が多いそうです。(全て個人差があります)

術後は、脂肪が体の一部となるため、痩せれば胸も小さくなり、将来年齢を重ねれば、他の部位と同じようにバストが下垂したりします。これは自分の体であればごく自然なことといえます。
担当ドクターがわかりやすく説明

担当ドクターの辻先生が、モニター画面を使い、治療について説明。 専門的な技術もわかりやすく、ていねいに伝えることで、施術のメリットとデメリットを患者さんにきちんと理解してもらいます。


その後、患者さんの希望や悩みを聞き、どのような仕上がりを希望しているかカウンセリング。バストが小さい、と一口にいっても、悩みの詳細は「左右の大きさが違う」「ハリがない」…など人それぞれ。
 

体験者の声
豊胸術について勉強していたため、セルポートクリニックの脂肪定着率の高さを聞いて驚きました。
画像
  でも「CAL組織増大術」という技術に大変な手間をかけていることを聞いて、その定着率に納得。 わかりやすく説明してくれたドクターも頼もしく、「ここでお任せしよう!」と思いました。  
Step.2 術前検査
超音波・採血
手術が受けられるか?どんな手術が可能か?
術前検査で、体や乳房に異常がないか、手術が可能か調べます。
さらに脂肪量を測定し、どこの部位から、どのくらいの脂肪を採取できるか確認。そこからバストに注入できる脂肪の量が決まり、ボリュームや位置など、仕上がりのイメージを決めていきます。
ポイント! 
 
CAL組織増大術が受けられない人もいます!
 

◆脂肪が少なすぎる方
→インプラント(人工)バッグと自己脂肪の併用などで実施。
◆胸の皮膚に充分なゆとりがない方(男性の胸板など)
→数回にわけて脂肪注入を行うか、インプラントバッグで実施。
◆乳がんなどの疾患/手術痕が治癒していない方
→治癒してから豊胸術を行います。


通院2回目 手術当日

いよいよ手術当日。緊張と期待のドキドキ感を抱いて、体験者・加山さんが来院しました!
術衣に着替えて、直前の問診を受け、手術室に入ります。

Step.3 CAL組織増大手術(自分の幹債細胞を用いた豊胸術)
①脂肪吸引
①脂肪吸引
複数の箇所からていねいに脂肪を吸引
手術は全身麻酔で行います。
加山さんが眠りについたあと、クリーンルームのオペ室で、カニューレ(細い管)をつかい、脂肪を吸引していきます。

加山さんは、おしり下、内もも、腰回り背中の合計三か所から、脂肪を採取しました。 もちろん、ご本人は意識も痛みもありません。

②幹細胞採取
②幹細胞採取
とれた脂肪から濃厚な幹細胞をとりだします
定着率を左右するのは、脂肪の質と新鮮さ。
取り出した脂肪はなるべくスピーディに処理して、新鮮な状態で体内に戻します。

脂肪吸引手術で前半に採取された脂肪を、オペ室から受け取ると、細胞調整室では、すぐに幹細胞の抽出をはじめます。とれたての高純度の幹細胞を、後半に採取された脂肪に溶け込ませ、幹細胞がたっぷり含まれた脂肪の液体をつくります。

ポイント!
 
徹底された衛生管理!
 
徹底された衛生管理! 清浄な「細胞調整室(CPC)」はオペ室のすぐ隣りにあり、スタッフが待機。取り出した脂肪からすぐに細胞を抽出します。

③バストへの注入
③バストへの注入
幹細胞入りの脂肪を、繊細な技術でバストへ注入
活きのいい幹細胞がぎゅっとつまった脂肪液ができあがると、すぐに隣りのオペ室へ戻し、注入手術に入ります。

セルポートクリニック独自の注入法で、ごく少量ずつ、脂肪をバスト内に植え付けていきます。何人かのオペスタッフが連携して、気の遠くなるような細やかな作業を素早く行っていきます。

詳しく知りたい!CAK組織増大術のバスト注入法って?


Step.4 入院施設でのサポートつきの宿泊
入院施設でのサポートつきの宿泊
※日帰りコースの場合は、経過を見て、
その日のうちに帰宅となります。
ホテルのような入院設備で看護師の手厚いフォロー
手術が終わり、患者さんは入院設備へ運ばれます。
全身麻酔から目覚めた後も、看護師が何度も様子をみて、術後の経過を見守ります。調子のよい方は、雑誌を読んだりして自由にくつろぐこともできます。
加山さんは一度目覚めた後、体がだるかったそうで、そのまま眠り続け、こちらで一泊しました。

体験者の声
目覚めると、手術は全て終わっていました。少し熱が出た時も、看護師の方がこまめに様子を見に来てくれたので、心強かったです!
画像

詳しく知りたい! ダウンタイムはどれくらい?

通院3回目 手術から約1週間後
Step.5 抜糸
術後の経過をチェック
脂肪吸引の小さな傷を縫合していた糸を抜きます。
さらに術後の経過をチェックし、問題がないか診察します。脂肪吸引した部分や、バストの腫れもずいぶんひいてきました。
※人によりバスト注入部分の抜糸を行う場合もあります。
体験者の声

手術直後は、大きいというよりパンパンに腫れていたバスト。少しずつ落ち着いてきました。

画像


通院4~6回 アフターフォロー術後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
定期的な検査とフォロー
定期的な検査とフォロー
注入した脂肪が、きちんと定着しているか、異常はないか、定期的に検査します。 注入された幹細胞はまさに生き物。その後体内でちゃんと機能しているか、先生も真剣にチェックしています。

術後、一気にサイズアップしたバストは、半年ほどかけて、内部の腫れがひいてゆき、やがて一定のサイズに落ち着いてゆきます。

体験者の声

手術半年後はEカップ!その後落ち着いて、現在はDカップをキープしてます。

画像

術前・術後の比較

体験者の症例(ビフォア・アフター)

その他の症例「バッグ抜去同時豊胸手術」
Before&Afterを見る!

体験者コメント

「自分の胸」という安心感は何にも変えがたい自信になっています。

●また何度でも体験したい!
手術の半年後はEカップ、その後1年以上経過した現在、Dカップをキープしてます。
さわり心地もいたってナチュラル。「自分自身の胸」という安らぎと、堂々と見せられるルックスになったことが大きな自信になってます。着られる洋服が増えておしゃれも前以上に楽しめるし、趣味の温泉でも、もう胸を隠す必要がないのがうれしい!
欲を言えば、もっとサイズアップしたい(笑)けど、今でも充分満ち足りてます。
…でもお金があったら、やっぱりもう一度やって、さらにサイズアップしてみたいなー。

●嬉しいおまけ!美脚をほめられました
わたしはエステが大好きで通ってますが、脂肪吸引の仕上がりの美しさをエステティシャンの方に褒められたのが、思いがけず嬉しかったです。

●この施術を検討している方へ
お金があるなら、ぜひやった方がいい」と思います。
この手術は費用が高いけど、安いインプラントバッグでの豊胸でも、術後のメンテナンスやバッグの入れ替えが必要なことを考えると、結局料金は変わらないのでは?と思います。
また、脂肪吸引が上手なクリニック、という点も、おすすめです!

体験者コメント
体験者:
加山綾子さん(仮名) 39歳
     
※本体験レポート、ならびに上記の感想は、体験者のケースであり、個人の感想です。
全ての方に同様の効果・感想が得られるわけではありません。ご了承ください。


今回体験したクリニック


セルポートクリニック横浜

クリニックHPを見る