list
私は一体どっち?「ぽっちゃり」と「デブ」の境界線とは

私は一体どっち?「ぽっちゃり」と「デブ」の境界線とは

SNSでシェアしよう!

男性は痩せより多少ぽっちゃりしているほうが女性に魅力を感じる、と言われますが、現在ではスリムな女性が多いですね。そもそもぽっちゃりとデブに境界線はあるのでしょうか。それはどこなのでしょう。

デブは見た目基準で選ばれる

実際の体重は置いておいて、デブというのは見た目基準で判断されるようです。同じ身長、同じ体重でも見た目がぽっちゃりしているのと、明らかにデブなのではやはり違います。

顔に肉がついている人と、全体的に肉がついている人は、やはり後者がデブと見られがちですね。またパンツがパツパツになっているというファッションからもデブというものが浮かび上がってきます。

男性目線のぽっちゃりは意外にスリム体型

男性目線のぽっちゃりは、女性から見るぽっちゃりとは異なります。ぽちゃ可愛い、という女性からの目線は、男性から見ると単なるデブであることが多いです。

男性目線から見るとぽっちゃりというのは、ふわふわした肌を持っており、ふっくらしたバストやヒップ、適度な肉付きを意味していますから、LLサイズのトップスや3Lのサイズの服を着ている女性はもはやデブと言えるでしょう。

部分痩せでぽっちゃりにもなれます

男性はとかく上半身をチェックしがちです。ですからウエストラインから上の部分を部分痩せすることでデブからぽっちゃりへ昇格することができます。

パンパンの顔や二の腕をほっそりさせることで、デブからぽちゃカワに昇格するのです。男性目線のほうが女性目線より厳しいことは確かなので、ぽっちゃりだと思っていても実はデブだと見られていることもあると実感しておきましょう。

     

女磨きのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

城本クリニックで憧れのボディへ大変身!!【PR】

『城本クリニック』で
憧れのボディへ大変身![PR]