list
目頭切開は日本人に似合わない?手術の特徴について

目頭切開は日本人に似合わない?手術の特徴について

SNSでシェアしよう!

日本人特有の蒙古ひだがあると、パッチリとした二重まぶたにならないのが問題です。そこで利用されているのが、蒙古ひだの部分にメスを入れる目頭切開という二重手術のやり方です。一見よさそうな手術方法に思えるのですが、デメリットもあるので手術方法の特徴をよく理解してから取り入れましょう。

目頭切開の二重手術とは?

日本人の8割には蒙古ひだがあるともいわれており、この度合いによりアジア人特有の目になります。欧米人のようなパッチリとした目に憧れる方は、この蒙古ひだがじゃまだったりします。

目頭切開は、目頭を切開するため目の横幅が広がり、蒙古ひだが解消されます。費用は20〜30万円くらいで、日帰り手術が可能です。

目頭切開の手術方法

目頭切開には多数の術式が存在し、それぞれで仕上がりが変わります。三日月法は軽度の蒙古ひだの方に採用され、W法は効果が大きい代わりに術前にもどすのが難しくなります。

Z法は傷が小さいのが魅力で、ナチュラルな仕上がりとなります。リドレープ法は末広型の二重をつくるのに適していますが、ダウンタイムが長いデメリットがあります。

目頭切開は日本人に向いていない?

目頭切開が日本人に向いていないといわれるのは、西洋人風の目に近づくからです。しかし、蒙古ひだが強いせいで目が小さく見える人には最適な手術方法だといえるでしょう。

デメリットはかわいい印象というより目元が大人っぽくなり、人によっては多少キツく感じることがある点です。

さらに切開が大きすぎると白目が広すぎるリスクが存在します。目頭切開にも術式は多数ありますから、術後の仕上がりをよく話し合ってから利用しましょう。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

二重まぶたで選ぶなら「城本クリニック」【PR】

二重まぶたで選ぶなら
『城本クリニック』[PR]