list
シミを取るレーザー治療の種類と特徴についてまとめてみました

シミを取るレーザー治療の種類と特徴についてまとめてみました

SNSでシェアしよう!

シミにはさまざまな種類があるのですが、それに対してレーザー治療の種類も多々あります。シミの特徴に対して適切なレーザー治療を行うことでシミを消すことができると言われています。

では一体どんなシミにどんなレーザーが効果的なのかを紹介します。

老人性色素班の場合はヤグレーザー

紫外線を浴びたことによってできたシミが老人性色素班と呼ばれるシミで、大半のシミはこれに当たるでしょう。メラニンが溜まり、顔や手などにできるシミです。

特定の色素に反応するヤグレーザーと呼ばれるものが特に有効とされており、もしくはQスイッチルビーレーザーというものがオススメでしょう。黒メラニンへの選択や浸透度合いに焦点を当ててくれるので、他の部分の皮膚への影響は出てきません。

そばかすにはフォトRF治療やヤグレーザー

遺伝的なそばかすもあればそうでもないそばかすもありますが、いずれも紫外線が原因となっています。ヤグレーザーというものやフォトRFという優しい光でケアするレーザー治療がオススメです。

肝斑には美白コスメとハイドロキノン

低出力のヤグレーザー(Qスイッチレーザー)で肝斑は改善できるであろうと言われています。しかしレーザー治療であるヤグレーザーよりも皮膚科で肝斑の治療を最初に受け、ハイドロキノンとトレチノイン治療を受けてみましょう。

実際肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンは美白作用も高く、トレチノインと共に使うことで相乗効果を引き出すことが期待できると言われています。

ただ、ハイドロキノンとトレチノインの治療の間は紫外線を浴びることはNGであるので、治療するのであれば秋冬を狙って治療を行うと幾分か負担が軽減されるでしょう。レーザー治療の前に試してみると良いですね。

ニキビなどの色素沈着には

ニキビ跡など凸凹した跡や色素沈着にはQスイッチルビーレーザーというものやヤグレーザーが適していると言われています。毛穴の引締め作用もあり、美肌や美白、透明感を取り戻すことも可能だと言われているレーザー治療です。ハリを取り戻すこともできると言われていますから、美容の観点からも着目したいところです。

また炭酸ガスレーザーでニキビ治療を行うことができ、炎症を抑えることも可能です。脂肪酸や菌を殺菌することにより、ニキビがそれ以上酷くならないうちに治療を行うことが可能です。

このようにレーザー治療といっても色々な種類や適した治療法があり、シミに関しても色々なシミの種類があります。それに応じた治療を行うことでベストな肌状態を保つことができます。

〔PR〕肌の悩みを解消したい…!


     

肌トラブルのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]