list
【私は何体型?】体脂肪率で美ボディからマッチョ体型までの目安が分かる!

【私は何体型?】体脂肪率で美ボディからマッチョ体型までの目安が分かる!

SNSでシェアしよう!

最近の体重計は体重だけでなく体脂肪まで正確に測定することができるので、自分の体脂肪率がどれくらいなのか把握している人も少なくないでしょう。でも、体脂肪が少なければ少ないほどいいというわけではありません。

自分の体脂肪率が多いのか少ないのかわからないという人もいると思うので、今回は体脂肪から見る自分のボディタイプについてお話ししようと思います。

体脂肪率で今の自分をチェック!

体脂肪率で今の自分をチェック!

自分のタイプを知るなら体脂肪チェックからはじめましょう。自宅で簡単に体脂肪を計るなら、家庭用体脂肪計が便利です。

▽まずは自分の体脂肪率を計算!!

体脂肪率とは、体重のうち何%が脂肪なのか?を示した数字です。体脂肪率(%)は「脂肪の重さ(kg)÷体重(kg)×100」で計算しますが、結局のところ、自分の脂肪の重さがわからなければ計算することができないので、手っ取り早く知りたいなら家庭用体脂肪計がいいでしょう。


一般的な家庭用体脂肪計は「インピーダンス法」を活用しています。体内に微弱電流を流して、その抵抗によって体脂肪率を割り出しますのがインピーダンス法。水分や筋肉は電流が流れやすい性質を持ちますが、脂肪は電流が流れにくい性質を持つので、電流の流れ方によって体脂肪率を割り出すのです。


ちなみに、男性の場合10~19%女性の場合20~29%が健康体なのだそう。家庭用体脂肪計には、両手で握るタイプや体重計を兼ねた足の裏で測定するタイプ、また足の裏と両手で測定するタイプがあります。

基本的に、手で測定するものは上半身をメインに体脂肪を測定し、足裏で測定するのもは下半身をメインに体脂肪を測定すると言われていますので、より正確な数値を知るためには両手両足タイプを選ぶようにしてくださいね。

▽【全9体型】次に体脂肪率で自分が何体型かチェック!

女性の体型を体脂肪率と筋肉量で分類すると9タイプに分けることができます。

1.体脂肪率10~15%・筋肉量が少ない…「やせ型」
2.体脂肪率10~15%・平均的な筋肉量…「細身筋肉質」
3.体脂肪率10~15%・筋肉量が多い…「筋肉質」
4.体脂肪率20~29%・筋肉量が少ない…「運動不足型」
5.体脂肪率20~29%・平均的な筋肉量…「標準型」
6.体脂肪率20~29%・筋肉量が多い…「パワーアスリート型」
7.体脂肪率35%以上・筋肉量が少ない…「隠れ肥満型」
8.体脂肪率35%以上・平均的な筋肉量…「肥満型」
9.体脂肪率35%以上・筋肉量が多い…「ヘビーアスリート体型」

あなたはどのタイプでしたか?脂肪がつく部位などによって、見た目やタイプは変わってきますが、これをひとつの参考にしてみると、自分がどのタイプかわかってきますね。

体脂肪率が40%以上になると、成人病などの病気も心配されるので早急な対策が必要になってきます。

理想の体型を目指すには?

理想の体型を目指すには?

自分のタイプが隠れ肥満型や肥満型などであれば、体脂肪率を減らす努力をしてくださいね。ここからは、標準的な体脂肪率に戻す方法をご紹介します。

▽食事で体脂肪を減らす!

食事で体脂肪を減らすなら「低カロリーかつ高たんぱく」を心掛けましょう。また糖分にも要注意です。摂り過ぎた糖質は脂質同様、余ってしまうと体脂肪として蓄積されます。

意外にも脂質より糖質の方が体脂肪になりやすいという説までありますから、間食としてつまむお菓子にも注意が必要です。

ささみ、牛肉や豚肉の赤身、卵、大豆製品などからしっかりタンパク質を摂取しつつ、全体的なカロリーダウンを心掛けましょう。寝る前の食事も体脂肪になりやすいので、寝る2時間前までには食事を終えるようにしてくださいね。

▽エクササイズをとりいれてみる!

体脂肪減少に役立つのは有酸素運動です。ウォーキングやジョギング、水泳、自転車などの有酸素運動を20分以上続けると高い効果が期待できるので、根気良く続けるようにしてみてください。

また、筋トレで筋肉量を増やすと、基礎代謝がアップして脂肪を燃焼しやすい体になるので、有酸素運動と併せてチャレンジしてみてくださいね。

▽脂肪吸引をやってみる!

自力でのダイエットは当然ながら辛さもありますし、頑張ったのに部分的な脂肪が解消できないというケースも出てくるでしょう。そういった部分的な脂肪を解消するなら脂肪吸引という手もあります。

脂肪吸引は狙った部分の脂肪をピンポイントで解消できますが、一度に取れる脂肪の量には限りがあるので、全体的にたくさんの脂肪がついているタイプの人は不向きかもしれません。

脂肪吸引にもいくつか種類がありますし、メリットだけでなくデメリットもあるので慎重に決断するようにしてくださいね。

理想の体型で毎日を笑顔に!

理想の体型で毎日を笑顔に!

体脂肪率が減って理想的な体型になれば、自分にも自信が持てるようになり、笑顔で生活できるようになるかもしれません。同じ体重でも体脂肪率が低い人と高い人では、見た目の印象が大きく変わってきます。


また、脂肪より筋肉の方が重いので、エクササイズで筋肉量が増えて体脂肪が減った場合、体重が増える可能性も大いにあります。それでも見た目はずいぶん引き締まるので、以前より痩せて見えること間違いなしでしょう。

ただ、女性の場合は体脂肪率が10%台になると生理が止まるようなこともあるので、あまり減らしすぎても良くありません。ダイエットをするなら体と相談しながらにしてくださいね。

     

ダイエットのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

二重まぶたで選ぶなら「城本クリニック」【PR】

二重まぶたで選ぶなら
『城本クリニック』[PR]