二重幅の理想は?ベストな幅の見つけ方!!

SNSでシェアしよう!

今ではアイプチ、二重手術などを利用すれば、一重の人でも手軽に二重にすることができます。でも二重といっても種類が多数存在し、目の大きさや形の違いで似合う幅が変わってくるのです。それぞれの目のタイプ別に合う二重の幅を紹介します。

末広型の二重

末広型とは目頭の幅が狭く、目尻に向かって開いたような形になっている二重のことです。日本人に多い二重のタイプで、蒙古ひだがなくならず自然な二重だといえます。地味な顔つき、目が小さい方におすすめです。

アイプチを使いセルフケアする場合につくりやすいタイプです。二重手術では埋没法と呼ばれる、まぶたに糸を縫いつける方法が適しています。1万円くらいからと費用がお手ごろで、切開しないためまぶたを切るのが怖い人におすすめです。

並行型の二重

並行型とは目頭から目尻にかけて二重の幅が同じです。西洋人に多く、目が大きくぱっちりとして見えるため、もともと派手な顔の人に向いています。しかし、蒙古ひだが強い人はアイプチではつくることができません。

二重手術ではメスを切開する方法が用いられます。埋没法と比べ費用が高く、ダウンタイムも長くなります。自然な二重の幅にするには、希望する幅より少し狭くするのがポイントです。

奥二重

奥二重はぱっと見ると一重と勘違いされがちで、まぶたに脂肪が多く二重のラインが隠れてしまっています。

蒙古ひだが強い一重の方でも、奥二重ならナチュラルで自然な仕上がりとなります。まぶたの皮膚は薄く、アイプチで癖付けをしていると、自然に奥二重に変わる人もいます。
SNSでシェアしよう!

Related Posts