片目だけ奥二重なわたし…片目だけの美容整形ってできるの?

SNSでシェアしよう!

右の目は奥二重で、左目は一重といったように、片方ずつまぶたが違うという人もいるかと思います。まぶたの形が左右で違うと、鏡で自分の顔を見たときにバランスが悪く見えるのでコンプレックスに感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そして、左右のバランスを整えるために片方の目だけ整形手術をしようと思っている人もいるはず。

しかし、目を片方だけ整形手術するというのはできるのでしょうか?また、もしするとしたらどういった部分に注意が必要なのでしょうか。今回はそんな片方の目だけを美容整形する場合、どのような手術をするのかという方法や注意点などを見ていきましょう。

片目だけの美容整形はできる?

結論から言ってしまうと、片目だけに二重まぶたの整形手術を施すことは可能です。しかし注意したいのが片目だけに手術をすると、していない目とのバランスが悪くなってしまうというトラブルがあることです。

片目だけを手術する時は、左右のバランスが悪くならないように細心の注意を払いながら、施術は行われます。しかし、手術に失敗してしまうとせっかく手術をしたのに左右のバランスが悪くなってしまうということもおこりえます。

手術の方法は?

整形によって二重まぶたにする方法は3つあります。まず一つ目にもっともリスクが少ないと言われている「埋没法」。こちらの方法は特殊な糸をまぶたに埋没させることで二重をつくるというものです。いわゆる目元のプチ整形としても有名な方法で、費用も安く抑えられ手術後の目元の腫れなども早く治るのが特徴です。

しかし、埋没法は永続性のある手術方法ではないので、いつしかまぶたの形はもとに戻ってしまいます。

切開する方法

また、埋没法はメスを使わずにできる一方、まぶたをメスで切開して形を整えるという手術方法もあります。切開する手術は二つあり、一つ目は「部分切開法」というものです。こちらはその名のとおり、まぶたを部分的に切開し(1~2cm)脂肪が多い場合はまぶたから脂肪を取り除いて二重のラインをつくるという方法です。

切開してラインをつくるので、埋没法と違って二重をほぼ永久的に維持することができます。埋没法に比べると、腫れの引きは遅いですが、全切開よりは早いそうです。

二つ目は「全切開法」と呼ばれる方法です。こちらの手術方法はまぶたをおおきく切り開いて(3~4cm)脂肪などを取り除き、二重を作るというものなので、すっきりとした二重まぶたを作ることができます。どちらかといえば、腫れぼったいまぶたの人に向いている手術です。しかし、大きくまぶたを切開するため術後の腫れなどは他の二つの方法よりも治るのが遅いです。
SNSでシェアしよう!
Photo by 
fotolia 

Related Posts