目の下のたるみ・くま治療特集 | 気になる!美容整形・総合ランキング

目の下のたるみ・くま治療特集

ヘッダー広告枠
特集「目もとで差がつく“見た目年齢” 目の下のたるみ・くま治療」

実はそのくま目の下のたるみが原因かも!?

鏡を見て憂鬱な気分になる、目の下の「くま」。
実際の年齢よりも上に見られたり、疲れて見える印象を与えてしまう
なんてことも。

実は、そのくまは“目の下のたるみ”が原因って知っていましたか?
今回の特集では変化を感じやすい、たるみ・くま治療法を
ご紹介します。

目の下のたるみ度チェック

目の下のたるみは、見た目の年齢に関係する
人の印象は目で決まると言われています。その為、目の下に「たるみ・くま」ができると、実年齢よりも老けて見られるなどの印象から、日常的に目の下の「たるみ・くま」について悩んでいる人も多いパーツです。

あなたの目の下のくまはどのタイプ?
  • ・目の下のくまは生まれつきだから治らない
  • ・もう歳で加齢によるものだから、もう消せない
  • ・育児や仕事の日常的な疲れなので、くまはしょうがない

目の下のクマは早い人では10代の頃から出現し、年齢とともに悪化しやすくなります。当院にご来院される方のうち、半数は「10代の頃から気になっていた」という方たちです。

くまのタイプには大きく分類すると3種類あり、それぞれ治療法も変わってきます。そのためまずは、自分のクマのタイプを理解し、それぞれの治療方法を知ることが大切です。
目の下のたるみ・くま(黒くま)(赤くま)(茶くま)

目の下のくま・たるみのタイプに合わせた治療方法
黒くま

目の下が黒く見えるくまです。目の下に黒い線が入り、涙袋よりも下方に出現します。

黒くまの原因

黒くまは眼窩脂肪(ガンカシボウ)の突出が原因です。眼窩脂肪は年齢を重ねると、徐々に飛び出すようにふくらんできます。このふくらみにより作られる目の下の黒い影がくまとななって、表情を曇らせてしまいます。
10代から眼窩脂肪が突出していることもあり、これは眼窩と呼ばれるスペースが狭く、頬骨が陥凹しているなどの骨格に原因がある場合や、眼窩脂肪の量が多いために起こる場合などもあります。
※眼窩脂肪は眼球が収納されている部位「眼窩(ガンカ)」にある脂肪です。

黒くまの治療方法

1)目の下に膨らみがある場合

※眼窩脂肪の突出による目の下の膨らみ

治療法は膨らみを平たんに戻す、脱脂術+リポトランスファーがあります。

2)目の下に膨らみがない場合

※目の下に黒くまはできるが、眼窩脂肪の突出がないか、軽度の場合

治療法は目の下に適度なふくらみを作ることです。そのためヒアルロン酸注入や脂肪注入により頬から目の下にかけてのボリュームアップの治療があります。

赤くま

目の下が赤く見えるくまです。皮膚を引っ張ると赤みが増すのが特徴です。

赤くまの原因

赤くまは目の周囲にある眼輪筋が、皮膚の下に透けて赤く見えるのが原因です。眼輪筋が透けて見えるのは筋肉の血行が悪かったり、目の下のふくらみによって眼輪筋が押し出されたことによる影響です。

赤くまの治療方法

治療法は「脱脂術+リポトランスファー」が望ましく、ヒアルロン酸注入や、レーザー治療では改善できません。

茶くま

目の下が茶色に見えるくまです。皮膚を引っ張ると色が薄くなるのが特徴です。

茶くまの原因

目の下の皮膚にメラニンが沈着し、黒ずんだことが原因です。また主に日焼けや、皮膚を擦るなどのダメージ、アトピー性皮膚炎などの炎症によりメラニン産生が活性化したことも要因の一つです

茶くまの治療方法

治療法は皮膚に沈着したメラニンの排出を助け、新たなメラニンの生産を押さえるレーザートーニング(ライムライト・スタックトーニング)治療があります。


くま・たるみの原因に直接アプローチ!1回の治療で目もとスッキリ
脱脂術+リポトランスファー(脂肪移植)
くまの原因である目の下の「脂肪の膨らみ」を、一人ひとりの骨格や顔の形状に合わせて丁寧に取り出していく “脱脂術(だっしじゅつ)”!

手術時間は両目で約2時間。高周波レーザーメスを用いて手術を行うことで、出血することもなく、顔の表面から見える手術跡を残すこともなく痛みの少ない施術が可能となりました。
膨らんだ脂肪の影で「くま」に見える!
脱脂術(だっしじゅつ)で取り出した脂肪細胞を生着しやすいように処理した後、頬から特殊なカニューレ(体内に挿入するパイプ状の医療器具)で目の下に注入していきます。

この治療法"リポトランスファー(脂肪移植)"により、脂肪を取ることによるへこみ部分の改善効果を発揮し、総合的に目の下から頬にかけて凹凸のない美しいカーブを作ります。
膨らんだ脂肪の影で「くま」に見える!
治療は、まぶたの裏に小さな穴をあける程度なので、 傷跡が目立ちにくく、痛みや治療後の腫れも少ない!腫れの原因のひとつである麻酔の量も抑えることで、 身体への負担も軽減できます!

くまを改善したいけれど「傷跡が残らないか心配」「痛かったらイヤだな」「ダウンタイムが心配」…という人でもおすすめです。

治療後2?3日程度、軽い痛み、ごく軽度の腫れがあります。場合により違和感が3?5日あります。
内出血は稀に出現し、出てしまった場合には1?2週間程で消失するのが一般的です。お化粧などでカバーしてください。ケラスキンクリーム(別途費用)を塗布すると、目安では約半分の期間で消失します。
膨らんだ脂肪の影で「くま」に見える!

目の下のたるみ・くま治療のお得情報

施術内容をもっと見る    オンライン無料カウンセリング予約へ 


おすすめクリニック情報
セオリークリニック院内、院長写真
セオリークリニック
フランスのオーガニックコスメを使ったトリートメントを組み合わせた治療で、艶やかで透明感ある美肌へと導いてくれます。
 
院  長  : 筒井 裕介
 
診療時間 : 11:00~19:00(不定休)
 
所 在 地 : 東京都中央区銀座3-7-2  オーク銀座ビル6F
 
T E L   : 03-6228-6617
 
アクセス : 東京メトロ 各線「銀座駅」A12番出口から徒歩2分
東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」9番出口から徒歩3分
院長ブログ : 「目の下のたるみ治療」経過写真はこちら
※豊富な症例写真と、丁寧な説明が分かりやすい!
筒井院長が実際に担当した治療をご覧いただけます。
当院目の下治療件数6,722例 ※平成28年6月現在
目の下を専門に治療を行っているため、症例が豊富です。 様々なタイプの目の下のクマ、たるみ治療を行ってきたからこそのデザイン力、対応力が違います。 手術は誰が行っても同じ結果を得られる訳ではありません。
一番重要なのは、手術を行うドクターの経験、力量です。

無料オンラインカウンセリング

ホームページを見る

お問い合わせの際は「美容整形・総合ランキングを見た」とお伝えください。