list
実はカサカサ!?夏のインナードライ肌って何?

湿度が高くても安心できない…?手を遅れになる前に気をつけたい「夏の乾燥肌」

SNSでシェアしよう!

女性の肌は、オイリー肌や乾燥肌、敏感肌など色々なタイプがあります。その中でも夏に急増するのが「インナードライ肌」!日本の夏は高温多湿な日々が続くから、乾燥対策はそこまでしなくても…と思っていたら要注意!肌の表面は皮脂でテカっていても内部は乾燥状態なんてことがあります。今回は、夏の乾燥「インナードライ」の原因とケア法をご紹介。

夏の乾燥は「中はカサカサ、外はオイリー」

毎日しっかり洗顔もして、ケアを怠っていないのに肌の表面のテカリが気になったり、ニキビができてしまうという方はいませんか?まさにその状態のお肌がインナードライにあたります

肌の表面はしっとり潤っていることが多く、しかし肌の内部では着実に乾燥が進んでおり、水分不足になっているという状態です。インナードライになっていると、お肌のターンオーバーも不規則で、シワやしみなどの原因にもなると言われております。

夏の乾燥には、間違った皮脂対策をやりがち…!?

夏の乾燥は、汗や湿気、皮脂により肌の表面は潤っているように見えて、実は内部は乾燥している「インナードライ」状態である場合が多く、皮脂対策を間違えるとインナードライは進んでしまいますから、正しいケアを行うことが大切です。

まずは、肌の表面がテカってきて気になるという場合は、脂取り紙などは使わず、ティッシュオフするようにしましょう。またテカっているからといって洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使うのはNGです!見た目に騙されて必要な油分まで奪ってしまうことにつながり、ますますインナードライが進行してしまいます。

夏でも水分をしっかり与えることが大切!

夏は汗も出ますし、テカりもあり、一見潤って見える肌状態ですが、インナードライ状態になっているとどうしても肌内部が乾燥してカサツキの原因になります。

そのため、スキンケアで気をつけたいのは水分をしっかり与えることです。化粧水をいつもよりたくさんつけて、ハンドプレスで押し込み、しっかりクリームでフタをします。また、日中も紫外線やエアコンによる空気乾燥が大敵となりますので、ミストタイプの化粧水をこまめに使用するなど、しっかり行うようにして、肌の水分を奪われないようにしましょう。

夏だからといってスキンケアに油断は大敵!乾燥対策は年中行う意識を持つことが美肌への第一歩となります。

     

肌トラブルのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック