list
なんだかまぶたが重たい。。。それ、もしかしたら「眼瞼下垂」かもよ!!

なんだかまぶたが重たい。。。それ、もしかしたら「眼瞼下垂」かもよ!

SNSでシェアしよう!

眼瞼下垂というものを知っていますか?瞼がなんとなく重たい気がする・・・という女性は要注意。眼瞼下垂の可能性があります。しかし治療法もありますから、それほど心配しなくても良いのです。

眼瞼下垂とは一体何?

上まぶたが下垂し、瞼が開きにくくなること、物が見えにくくなることを眼瞼下垂と言っています。

これは新生児から高齢者まで発生することがあり、対象が広く、誰でもなる可能性がある症状です。生まれつきの人から、年齢と共に下がってくるものまで幅広いのも特徴です。しかし眼が疲れやすくなったり、物が見えにくくなったりしたら治療をする必要が出てきます。

眼瞼下垂の原因とは?

眼瞼下垂の原因は様々です。

病気や怪我で眼球が小さくなっているケースもあります。

生まれつきの眼瞼下垂もあります。

最も多いのは加齢などによって筋肉の働きが弱くなってしまうことに起因する眼瞼下垂です。お年寄りのまぶたが垂れ下がっている状態を見かけたこともあるのではないでしょうか?

コンタクトレンズをずっと使用していたり、まぶたをよくこするクセがある、眼の周辺のケガなどでも眼瞼下垂は起こります。

またまぶたを二重にする埋没法を繰り返し行ってきた人も眼瞼下垂になりやすいとされています。

眼瞼下垂は治療した方がいいの?

症状が少なくて、気にならないうちは、急いで治療をする必要がありません。

ただ、最初はたるみが少なくても、だんだん重度になっていくことが多いです。放っておけば治るということもありません。

まぶたを支える組織がどんどん弱くなるので、少しずつまぶたが重くなっていきます。

眼瞼下垂になると開瞼障害といって、目を開けにくくなり、視野が狭くなります。

また無理に目を開けようとしたり、あごを上げて見ようとすることから、肩コリや首コリなどに悩まされるようになります。

人によっては頭痛やめまい、昼間の眠気、逆に夜に眠りにくくなるなどの不調が現れます。まぶたが原因であると気づかず、悩んでいる方も多いようです。

気になる場合は眼科に相談してみましょう。美容クリニックでも対応してくれます。

眼瞼下垂の手術とはどんなことをするのか?

眼瞼下垂の治療には手術が行われることが多いです。上まぶたの眼瞼挙筋という筋肉を縫って縮めることによってまぶたの開く力を強くすることが可能となっています。これは二重にする手術と似ています。

眼瞼下垂によって肩こりや偏頭痛を起こしている人に関して言えば、この手術は画期的な方法でしょう。

施術自体はおよそ30分~1時間程度で、局所麻酔のみで行うことが多いため身体的な負担は殆どないといえます。

もしまぶたが重たい、コンタクトをずっと利用しているけれど最近物が見えにくい、まぶたが下がってきたという人は、注意して、眼科に相談に行くことも必要です。

眼科と美容外科、どっちがいい?

眼科は病気の治療として手術を行なってくれるため、保険が適用されます。ただし、仕上がりの美しさを求めることは難しいようです。

一方の美容外科は、保険が適用されないことが多いですが、仕上がりの美しさを求める方に向いています。ただし症状によって保険が適用されることもあるので、最初のカウンセリングの時に医師に聞いてみましょう。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック