list
口元の悩みが解決できるかも! セットバック整形のメリット・デメリットとは!?

口元の悩みが解決できるかも! セットバック整形のメリット・デメリットとは!?

SNSでシェアしよう!

口元に悩みを抱えている、もしくは唇が分厚過ぎる、薄すぎるなどコンプレックスを感じている・・・。そんな女性が考えるのがセットバック整形というものです。

笑った時歯茎が見えたり、出っ歯や受け口など、女性にとってはそれらがコンプレックスになります。ではセットバック整形ではそれらを全て改善でき、コンプレックスを解消できるのでしょうか?

セットバック整形とは

セットバック整形は骨格に直接作用するもので、骨格矯正とも言われています。口元はもちろんのこと、鼻や口、顎を結ぶラインをキレイに整えることができるのがセットバック整形と言われています。

そう考えてみるとセットバック整形はメリットが大きいと言えますが、デメリットも合わせて考えてみましょう。

セットバック整形のメリット

セットバック整形ですが2年はかかると言われています。長い時間をかけて行うものですが、メスを入れない方法です。ですから顔を傷つけずに行える手術ということもあり、メリットも大きいでしょう。

しかし効果がしっかり出る人とあまり出ない人がいるとも言われています。いずれにしても長い時間をかけてじっくり取り組む必要があります。

デメリットはあるのか?

セットバック整形のデメリットはあるのでしょうか。まず、受け口の場合、セットバック整形では充分効果を得ることができないだろうと言われています。それほどに難しい手術であることが分かります。軽度であれば問題ありませんが、下の前歯が完全に出ているケースは口元全体の手術を検討したほうがよいかもしれません。

また左右の歪みを改善することはできないだろうとも言われますから、これも全体的な手術を必要とします。セットバック整形は100万円から200万円前後とかなり高額な額を要します。基本的な料金でこれだけの料金がかかるので、検査費用などを含めるともっとかかることを覚えておくとよいでしょう。

後遺症は残るの?

セットバック整形は歯茎を矯正してから行います。その際、神経損傷というリスクが伴います。神経損傷というリスクは伴うものの、そのようなケースは稀と言われています。

しかしそのようなリスクを抱えつつもセットバック整形を考えていきましょう。もしそのような事態に巻き込まれたら、日常生活にも多少の犠牲を払うことを余儀なくされることを考えたほうが良いでしょう。

また顔面の麻痺という恐ろしい事態も起こる可能性もなきにしもあらずと言われています。スキルの劣る施術者によって神経を損傷してしまうと顔面の麻痺がおこる可能性もあります。

ですからこのような事態を避けるためにも敏腕の先生を選ぶ必要があります。それに実績を積み重ねた医師に施術してもらうようにしましょう。

     

小顔(あご/輪郭)のキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

Beauty info

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]