list
憧れの二重まぶたになれる!?「埋没法」のメリットとデメリットとは

憧れの二重まぶたになれる!?「埋没法」のメリットとデメリットとは

SNSでシェアしよう!

一重の女性なら、一度は「パッチリ二重になりたい!」と憧れることがあると思います。手軽に二重になれる方法としてはアイプチが一般的ですが、使い過ぎて目が腫れてしまったりするトラブルも見受けられるようです。

そんなとき、頼れるのは美容整形の代名詞ともいえる二重術。なかでも、メスを使わず二重まぶたになれる「埋没法」について、メリットとデメリットを挙げていきたいと思います。

メスを使わない

埋没法のメリットとして、メスを使わないということが挙げられます。そのため、施術後に抜糸をする必要がありません。抜糸のために通院する必要もないので、施術後に時間が取られることもありません。

まぶたを切る事に抵抗がある方も、この方法であれば比較的抵抗が少なく、施術を受けられるのではないでしょうか。また、メスを使用する二重術(切開法)と比べると、施術後の腫れが少ないのも嬉しいメリットですね。

施術費用がお手頃

美容整形で気になるのが、施術の費用だと思います。美容整形は基本的に保険適用外なので、全費用を負担する形となります。

切開法は、両目の施術で25万円~の費用がかかります。一方、埋没法では、両目の施術で数万円~と、切開法と比較すると、お手頃な価格で施術を受けることが可能です。

二重に戻したい人にも向いている

元々、くっきりとした二重だった方が、加齢、むくみ、出産などの原因で一重になってしまうことがあります。一時的な場合が多いようですが、そのままずっと一重になってしまうケースもあるようです。

そんな方がくっきりとした二重に戻すために、埋没法の施術を受けることもあります。

一重に戻ってしまうことも!?

埋没法のデメリットは、稀に二重が一重に戻ってしまうことがあることです。埋没法は医療用の糸で上まぶたを留めて二重にするので、時間が経過するにつれ、人によっては一重に戻ってしまう可能性があります。

花粉症などで目をよくこする場合や、もともと腫れぼったい目をしている人も、一重に戻ってしまう可能性がある、と言えます。

元々の目の状態によっては埋没法に向いていない人もいますので、まずはクリニックのドクターに相談してみることをオススメします。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
  • fotolia

監修者

1994年慶應義塾大学医学部卒業、2013年城本クリニック入職。 二重手術全般・脂肪吸引手術を得意とする。 座右の銘は「正直・親切・愉快」。

PR

おすすめ記事

Beauty info

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧