山口憲昭 湘南メディカル記念病院(両国院) 医師へのインタビュー|気になる!美容整形・総合ランキング

エリア別で探す

美容整形 TOP名医をさがせ!クローズアップドクター 一覧山口 憲昭 医師《湘南メディカル記念病院(両国院)》

名医をさがせ!クローズアップドクター
湘南メディカル記念病院(両国院)  山口 憲昭 医師

とことんこだわり抜いて結果を出す

2006年 京都府立医科大学医学部卒業
2006年 沖縄県立中部病院
2008年 神戸市立医療センター中央市民病院
2009年 岡山大学病院
2011年 大阪市立総合医療センター
2015年 Chang Gung Memorial Hospital
2016年 湘南美容クリニック・湘南メディカル記念病院

  • インタビュー
  • ヒストリー
  • プロフィール
顔全般の施術を得意とする、山口 憲昭医師とは?
湘南メディカル記念病院(両国院)の形成外科部長としてご活躍されている山口 憲昭医師。
輪郭形成のエキスパートであり、顔全般の施術を得意とする山口 憲昭医師はどんなドクターなのでしょうか?

「自分を含めた誰に対しても妥協しない」という完成度へのこだわり。 安全を担保した上で、とことんこだわり抜いて結果を出します。

山口先生の施術についてのこだわりをお聞かせください。

私のこだわりは、お顔全般です。
これは、一般的な美容外科で扱う目や鼻、脂肪吸引などのみではなく、骨切や高度な他院修正も含めたすべての治療という意味です。

10年以上、形成外科・小児形成外科の領域で診療している中で、私の医療への姿勢というのは、一貫しています。それは、医療と美容に境界線はないということです。
そのため、先天異常のお子様やがん治療の末に生じた機能障害から、外見へのコンプレックスのために社会での生活が思うように過ごせないという肉体上では健康な方に、その問題の大きさを定義することはできないということです。

「心から思いっきり笑えるように」というシンプルなテーマのもと、分け隔てなく、全力で診療に当たるという気持ちで日々診療と向き合っています。

山口先生が得意とする施術についてお聞かせください。

LeFortを含めた上下顎骨切術(OGS)です。症例数は100例以上を超えています。

2015年に世界の中でもとても多くの上下顎骨切術(OGS)を行うChang Gung Memorial Hospitalに国際フェローとして勉強しにいきました。ここでは、実際の手術のプランから執刀、その後のデータの解析、研究、論文作成まで、イメージラボのドクターとして結果を出してきました。

骨の治療は、引っ張っても押しても伸び縮みしません。そのため、手術している1mmのずれは、お顔全体に影響するわけです。だからこそ私は、日本の美容外科としては極めて稀な完全コンピューターシミュレーションを導入して、術前からその準備にあたります。

3Dシミュレーションを通して骨の上での問題をあからさまにし、美容外科医として、エステティックマインドをフルに働かせ、手術台の上で最高級の美を追求する。
さらに、骨の移動後、顔の専門医として目や鼻のパーツを最上級の形に整えることで、全体としてハーモニーのとれた、その人オリジナルの美しさを目指すというのが私のこだわりです。

ひとりひとり、手術をしたい動機となりたい目標が違います。この千差万別の状況をお客様ひとりひとりに応じてベストを目指すというのが私の理想とするところです。そのため、カウンセリングは他のドクターに比べると、とても長いです。

輪郭形成だけではなく、鼻形成の施術も得意であるとお聞きしました。

はい。全ての鼻形成の施術も得意としており、症例数は年間200件ぐらいです。

ダウンタイムを極短にしつつ、効果を最大化するというのがテーマです。わずか3日目に「うわー綺麗!」とお客様に言ってもらえるように様々なこだわりを表現しています。

鼻の手術は目の手術と比較すると、その仔細がそのまま形の結果として出やすい手術です。そのため、数多くの手術を行なったからこそ見えてくる問題点があります。

とくに鼻中隔延長を必要とする症例では、根本的な土台治療を必要としていることが多く、繊細な手術テクニックと、緻密なプランが必要になります。私がこれまで培ってきた形成外科時代の技術がフルに活躍します。留学中には先天異常の患者様の鼻中隔延長を行っていましたので、美容における鼻中隔延長は手技としてよりシンプルに感じることができます。

特に難しいと感じる症例は、他院の修正ですね。
日本中から他院で複数回の鼻手術を行なったお客様の修正手術を行なっています。多い方では10回近く行なっている方もいます。この場合にも丁寧な診察の上にプランを決定していく必要があります。

カウンセリングでは、ぼんやりとして曖昧なお客様のリクエストを具体的なところに落とし込んでいくのがポイントだと思います。その際に皮膚や軟部組織、軟骨に至るまで綿密に診察するため、お顔をたくさん触ります。

山口 憲昭医師

山口 憲昭医師

徹底したカウンセリング・お客様ひとりひとりに合わせたプラン形成が施術の成功の秘訣なのですね。
その他にも得意な施術はありますか?

形成外科時代から先天性疾患に関する眼形成を行なっていました。症例数は今までで1000件を超えています。また美容外科では、他の先生のフォロー手術や、修正手術など多くを手がけてきました。

先天性疾患ということもあり、もともとの解剖学的な構造が崩れていることが多く、お客様ひとりひとり問題となっている状況が異なります。通常の眼形成はもちろん、普通の手術では使わない手技も応用して工夫しています。
丁寧な組織の扱いと適切なデザインにより、ダウンタイムはかなり減じることができていると思います。

カウンセリングでは、ご希望の形を見せていただき、現状とのギャップをどのように埋めるのかをお話します。細やかな診察と適切な診断が重要となってきます。

仕事上で一番大切にしていることを教えてください。

一番大切にしていることは「自分を含めた誰に対しても妥協しない」という完成度へのこだわりです。これは外科医本位ではなく、お客様基準で安全を担保した上で、とことんこだわり抜いて結果を出すということです。

働く上での信念がありましたら教えてください。

形成外科時代から美容外科医となってからも一貫しているのは「お客様の笑顔のために」というテーマは変わりません。
丁寧なカウンセリングと、細やかな診察、正しい診断、正確なプランと、それを実現する精緻な技術力が最終的なゴールを実現するために不可欠な要素と考えています。

  • 山口 憲昭医師

doctor list

掲載ドクターリスト