エリア別で探す

美容整形 TOP名医をさがせ!クローズアップドクター 一覧名倉 俊輔 院長《湘南美容外科クリニック 町田院》

名医をさがせ!クローズアップドクター
湘南美容外科クリニック 町田院 名倉 俊輔 院長

あなたの為に全力執刀 笑顔の美マイスター

2009年 日本大学医学部卒業
2011年 湘南美容外科クリニック 入職
2012年 湘南美容外科 町田院院長

  • インタビュー
  • ヒストリー
  • 施術例
  • プロフィール
「目の下の切らないたるみ取り」「二重術」のエキスパート、名倉先生とは?
親しみのある笑顔が印象的な名倉先生ですが、自身の仕事に妥協を許さない姿勢はプロフェッショナルそのもの。得意とする「若返り術」「二重術」など、美容外科に対するこだわりをうかがいました。

名倉先生が仕事上で心がけていることはありますか?

一般の病気をみるのと違うので、高い技術を持っていなければならないと考えていますし、その技術をより高めるために努力しています。結果がものすごく求められる世界でプレッシャーも感じますが、その分やりがいもある実力主義の世界です。私自身、本気で美容外科の仕事に打ち込んで技術向上したいと考えていますし、そうすればより多くの人に喜んでもらえるはず、と思って取り組んでいます。美容外科では、患者様に満足して頂けなかったら失敗になってしまいます。患者様といっしょにゴールを見つけていきながら、喜んでもらえることを目指しています。「先生に会えて良かった」と言ってもらえた時は格別な気持ちになります。

それでは次に得意とする術式、若返り術についてお聞かせください。

私は若返り術の中でも、目の下の切らないたるみ取りを得意としています。顔にメスを入れることなく、目の結膜側から脂肪を取ることが出来ます。効果は永続的ですが、施術時間は10~30分程度と短く済みます。ご自身の脂肪組織を用いる場合はプラス30分程度かかります。お顔のどこを施術すると明るく、若い印象になるかを見極めるところが最大のポイントで、私は特に表情を明るくする施術が得意です。加齢により表情は暗く、疲れた印象に変化しますので、この原因をしっかりと見極めるところから始めます。できるだけ自然にやりたいという患者様と、ハッキリと若く見えるようにしてほしいという患者様がいらっしゃるので、じっくりと話し合いながらすり合わせていきます。何よりも重視するのは患者様と完成イメージを共有することです。「やったらバレますかね」とよく聞かれるのですが、それはバレますよと答えるようにしています。せっかく手術しても周りから気づいてもらえなかったら、意味がないでしょう。患者様自身が「変わろう」と思って手術を受けてもらわないと、満足にはつながりません。

なるほど。次に二重術ではどのような点にこだわってらっしゃいますか?

顔の印象は目でガラリと変わります。それほど重要なパーツが目だと思っていますので、どのような形にしたいか、どのような印象にしたいかを丁寧にお聞きして、総合的に施術を提案するようにしています。ご希望のラインをお聞きしたうえで、患者様の眼球の大きさや骨格などから実現可能な理想のラインを話し合います。これまでに1,000件以上の二重術の施術をしてきていて、だからこそできる提案があると自負しています。具体的な施術には、メスを使わない埋没法とメスを使う切開法があります。二重術の患者様は学生さんなどの若い方が多いですね。皆さん、アイプチをしても理想の目にならない、かぶれてしまう、といったお悩みをお持ちです。切開に抵抗のある方の場合は、糸を用いる埋没法で行います。

カウンセリングのときに心がけていることはありますか?

初来院では緊張されている方が多いので、不安を取り除くことがいちばん大切だと考えています。ゆっくりと時間をかけてお悩みを聞いていきます。私は見た目的に威圧感があるほうではないので、打ち解けやすい、相談しやすい、とおっしゃってくれる方も多いです。初めての方は悩みを話すのが恥ずかしい、という気持ちを強くお持ちで、すべての悩みをお話しにならないこともあります。まずは症例写真を見て頂いたりして、他にも悩んでいる人は大勢いるということを分かってもらうようにしています。相談を受けたときに、それはやりすぎになりますよ、という場合もありますね。施術すると元には戻れないから、もう少し考えてみてからにしたほうがいいのではないですか、と提案することもあります。今日いきなりはやめて、少し時間をおいてみましょうかと。患者様に満足して頂くのが一番大切ですから、施術後のイメージを共有しておかなければいけません。とはいえ、施術したらこうなりますというという写真があるわけではありませんので、過去の似ている人の症例を見て頂いたり、この人はこういう風になりましたよということで、イメージを確かめてもらいます。最終的には私が患者様にどれだけ信用してもらえるか、ということだと思っています。

仕事上で一番大切にしていることを教えてください。

人の体なので、どうしても出来ないこともあります。ただし、患者様の望みがどこにあるのかを理解して、それを叶えるために一生懸命に努力することです。お悩みを聞いて「それはできませんよ」「そんなに気にならないですよ」というのは簡単だと思うんです。でも、本人が気になっているのに、気にならないですよとは私には言えません。親身になって相談に乗ることを心がけています。

doctor list

掲載ドクターリスト