エリア別で探す

美容整形 TOP名医をさがせ!クローズアップドクター 一覧野中 大樹 院長《城本クリニック 岡山院》

名医をさがせ!クローズアップドクター
城本クリニック 岡山院 野中 大樹 院長

医師 野中大樹

島根医科大学卒業後、脳神経外科医として九州大学脳神経外科の関連病院で6年間勤務。脳神経外科医として働くうちに形成外科に興味を持ち、2005年長崎大学形成外科に入局。関連病院で勤務しながら形成外科専門医を取得。現在、形成外科の技術を活かしながら美容外科医として城本クリニックに勤務。

  • プロフィール
  • ヒストリー
  • インタビュー
  • 施術例
野中院長の生い立ち・経歴
数多くの症例をこなし、日々進化を続ける野中院長。人生のターニングポイントに迫ります。

幼少期はどのようなお子さんでしたか?

長崎県で出生。福岡県の田舎町で育ちました。
二人兄弟の次男。兄の後ろを追いかけていくような性格でした。同級生の間ではガキ大将のような存在だったと思います。

幼少期に好きだったこと、熱中したことはなんですか?

運動ばかりやっていました。スイミング、少年野球、陸上。近くの広場で友だちと野球をやったりサッカーをやったりしていました。

野中 大樹医師幼少期イメージ

野中 大樹医師陸上イメージ

学生時代についてお聞かせください。

陸上部に入り、部活が楽しみで学校に行っていたようなものでした。体育祭では当然目立ちました。おかげで大学に入るまでにもう一年を要しました。
大学でも陸上部に入り、ハードルで西日本医科学生体育大会(西医体)で優勝していました。いかに速く走ることができるかを、医学的に考え、実践することに夢中でした。

美容外科医を知った、目指したきっかけを教えてください。

大学に形成外科の講座すらなかったため、美容外科を知ったのは長崎大学形成外科に入局してからです。ただその前に、形成外科医として申し分ない実力をつけてからだと考えていたので、通常の一般形成外科の技術を必死にマスターしました。

美容外科医としてのターニングポイントは?

顕微鏡などの細かい手術や全身管理、救急医療は自分に向いていると思い、6年間九州大学、麻生飯塚病院などで脳外科医として従事していましたが、それ以上に表面の目に見える部分の縫合、皮膚欠損部の充填方法などの形成外科領域への魅力を感じるようになり、7年目に長崎大学形成外科に入局しました。

doctor list

掲載ドクターリスト