【目・拡大1】目元拡大術の比較

まぶたを広げて大きな目に
日本人独特の蒙古ひだなどを切除して、目の横幅を広げます。

1. 目元拡大術(目頭・目尻・グラマラスライン形成)とは

目元拡大術・目頭切開・目尻切開・グラマラスライン形成(たれ目形成)

まぶたの開口部を大きくすることで、目の範囲を広げて、大きな目にする手術です。

2. 目元拡大術の治療法比較

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
治療法切開例治療内容
目頭切開目頭の蒙古ひだを切り開き、目の横幅を広げる施術です。
目尻切開目尻を切り開き、目の横幅を広げる施術です。
たれ目形成
(グラマラスライン形成)
目尻付近の下まぶたを外側に下げて、目の縦幅を広げる施術です。

目頭切開、目尻切開、たれ目形成、二重術を組み合わせることで、目そのものを一段と大きくし、華やかに変えることができます。
ただし、生まれ持った目の形(眼球のサイズ、蒙古ひだや粘膜、目の位置など)によっては適さない場合がありますので、ご自身はどんなタイプなのか、どの施術が有効なのか、複数の医師に相談してみるとよいでしょう。

3. 目の間隔の黄金バランス

目の間隔の黄金バランス

目の間隔については、目安として黄金比があります。正面から見て、左目:間:右目の横幅が、それぞれ1:1:1と等間隔であると美しく見える、とされています。

4. 目頭・目尻・グラマラスライン形成はこんな方におすすめ

・目を大きく華やかにしたい
・目が小さいのが悩み
・思い通りの幅広の二重まぶたにしたい
・つり目やたれ目を変えたい
・左右の目が離れてる・近すぎるのを変えたい

その他の治療法(拡大術)