list

-バストの黄金比率- あなたの胸に正三角形はある?

SNSでシェアしよう!

自分のバストのサイズが小さくて気になる、もっと大きくなりたい!という方はいませんか?ボリュームが足りなくて、ブラやパッドで盛っているという方もいるかもしれません。でも実は美しいバストに必要なのは、その大きさだけでなく、美しい「黄金比」なのです。あなたのバストは、美しいバランスを保っていますか?

バストの黄金比率とは

バストには、美しく見える黄金比率というものがあります。正面から見て、鎖骨の中心 ~ 左のバストトップ ~ 右のバストトップ までの距離が正三角形を描くのが美しいとされています。そして横から見た場合、トップバストが肩と肘の真ん中当たりにくるのが理想的です。

美しいバストに必要な3つの要素

美しいバストのためには、黄金比率のバランス以外にも必要な要素が3つあります。
・形 キレイな半球型。高さがあって、上を向いている。
・質 なめらかな肌、ハリと弾力、適度な柔らかさ
・量 ほどよく脂肪があり、適度なボリュームがついている
黄金比率を満たし、さらにこの3つの要素も満たしているなら、そのバストは完璧でしょう。






黄金比率のバストを目指しキープするには

胸が垂れたり横に広がるなどの崩れを無くす為には、胸全体の筋肉を鍛える必要があります。毎日のトレーニングを行うことで美しいバストをキープしつつ、バストアップにも繋がります。理由は、バストがクーパー靭帯によって支えられており、鍛えることでクーパー靭帯が伸びにくくなる為です。バストを下から持ち上げてくれて、ハリのあるバストとなります。
胸の筋肉で大きな筋肉である大胸筋は、普段の生活では鍛えるのが難しい筋肉ですが、バストアップにとても効果的なのでチャレンジをしてみて下さい。

■チェストサンド
合唱のポーズとも呼ばれている筋トレです。普段運動を行わない方でもすぐに実践できるので、バストメイクを頑張りたい方の入門としてオススメ出来ます。

■プッシュアップ(腕立て伏せ)
腕立て伏せというと、腕を鍛えるイメージがありますが、腕の幅を広くして行うことで、大胸筋が鍛えられバストが垂れるのを防いでくれます。
初心者は、膝をついて行うことをオススメします。無理をしない範囲で行うことで毎日キレイなバストを保つことに繋がります。

■ダンベルフライ
上の2つが出来るようになったら、ダンベルを使った鍛え方もあります。大胸筋への負担が増すので、筋トレに慣れた方が行うのが良いでしょう。
方法は、ダンベルを両手に持ち、枕やクッションを縦に背中に敷きます。両手を肩と同じ高さになるように上へ伸ばします。その後、直角になるように下におろします。大胸筋を意識しながら行うとより効果が上がります。

理想のバストに近づくためには?

バストのお悩みはボリュームだけでなく、離れている、垂れている、左右でサイズが違うなど、それぞれ違いますよね。マッサージやエステ、バストアップエクササイズなど、美しいバストに近づくためには日頃のケアが大切です。

でも、「ここにもうちょっとボリュームがあれば完璧なのに」「左右のバランスがどうしても違う」など、自分でケアしてもなかなか解消されないお悩みもありますよね。

そんな場合は、思い切って美容クリニックで相談してみるのもいいかもしれません。手術で体にメスを入れるのは怖い、シリコンバッグなどの人工物をいれるのも怖い・・・といった不安がある方も、今の美容医療にはバストのプチ整形や、自分の脂肪でバストアップする方法などもあります。文字通り悩みを胸に抱えたままでいるよりも、専門家に相談してみると、意外と簡単に美しいバストが手に入るかもしれません。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

Beauty info

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]