list
脂肪吸引でとれる量は決まっている?体重を大きく減らすことはできるのか?

脂肪吸引でとれる量は決まっている?体重を大きく減らすことはできるのか?

SNSでシェアしよう!

脂肪吸引を、あっという間に痩せられる、まるで夢のような手術だと思っている人もいるかもしれませんが、脂肪吸引を受けたからといって10キロも20キロも体重が減るというわけではありません。

今回は、脂肪吸引について正しい知識を持っていただくため、本当の効果や脂肪吸引のメリットなどを詳しくご紹介したいと思います。

脂肪吸引で体重が減らない?

脂肪吸引を受ければ身体の脂肪がなくなるのですから、体重も減りそうなものですが…はっきり言って体重はそれほど減りません。部分的な脂肪を吸引することで、その部位はスリムになりますが、体重が何キロも減ることはないのです。

脂肪吸引で体重が減らないワケ

なぜ脂肪吸引で体重が減らないかというと、脂肪吸引で1度に吸引できる脂肪は多くても3リットル程度だといわれています。

かなり脂肪がついている人ならもう少し吸引できるかもしれませんが、例えば二の腕などの比較的狭い部位だと、500mmリットル程度しか脂肪は吸引できないのです。

大幅に脂肪を吸引してしまうと、当然、身体にかかる負担も大きくなりますし、仕上がりが凸凹になったり、皮膚が大きくたるんだりするリスクも出てきます。

しかも脂肪は水よりも比重が軽いので、脂肪吸引をすれば体重が大幅に減ると考えるのは間違いなのです。

吸引できる脂肪

脂肪吸引ならどんな脂肪も取り除けると思っている人もいるようですが、吸引できるのは“皮下脂肪”のみです。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、内臓脂肪は臓器と接近しているために吸引することができないのです。

皮下脂肪は手で簡単につまめる脂肪のこと。女性のほうがつきやすいと言われていて、腹部、腰部、顔、二の腕、背中、太ももなどにつきやすい脂肪なのです。

吸引できない脂肪

脂肪吸引で吸引できないのは、先ほどもお話ししましたが“内臓脂肪”です。内臓脂肪は女性より男性につきやすいと言われ、内臓脂肪が多すぎる場合はメタボリックシンドロームと呼ばれています。

いくらお腹が出ている人でもそれが内臓脂肪であれば、脂肪吸引でなんとかできるものではないので、諦めて生活習慣を改善することをおすすめします。

脂肪吸引のメリット

脂肪吸引は減量ではなく美しい身体のラインを作るために行う手術です。手術をすれば確実にその部位はスリムになりますし、取りたい部位の脂肪をピンポイントで吸引できるというのもメリットです。

また、一度脂肪吸引をした部位は、脂肪がつきにくいというメリットも。自力でダイエットして痩せた場合、1つ1つの脂肪細胞が小さくなることでスリムになりますが、脂肪吸引の場合は、脂肪細胞の数自体を減少させることでスリムになります。

自力ダイエットだと、食べ過ぎてしまえばまた脂肪細胞が膨らんで元の体型に戻ってしまいますが、脂肪吸引なら脂肪細胞数が減っているのでリバウンドの心配が少なくなるのです。

まとめ

脂肪吸引で吸引できる脂肪はせいぜい3リットル。例外もあるでしょうが、脂肪吸引を受けただけで大幅減量できると思ってはいけません。

効果を正しく理解し、またメリットとデメリットをしっかりと把握することが、手術を受けるときの絶対条件だと覚えておいてくださいね。

     

部分痩せのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
  • fotolia

監修者

15年間、美容業界の第一線で活躍しており、症例数11万件以上、リピーターは数千人に達する。 美容皮膚科部門を立ち上げたスペシャリストでもあり、品川グループの指導医でもある。

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧