list
涙した後は・・・目を腫らさないためにすること3つ

涙した後は・・・目を腫らさないためにすること3つ

SNSでシェアしよう!

とにかく泣いて泣いて、泣きつくすという夜もあるでしょう。愛する人と別れたり、映画館で泣いたり、電話口でケンカして泣いたり、友人とすれ違ったり・・・。そんな泣ける女性は素直で良いです。泣きたいけれど泣けないのは健康的ではありません。しかし翌日、目が腫れているのは悩みとなります。翌朝にはスッキリした目に戻すにはどうすればよい?

とにかくこすらないこと

泣くとどうしても目をこすることになりますが、これはNGです。まぶたの毛細血管から体液が染み出してきて、血液がまぶたに集中し、まぶたが腫れる、むくむという状態が出てくるのです。ですから泣きたいだけ泣くのはよいけれど、こすらず、涙はそのままに、ハンカチで拭っていきましょう。

ホットタオルで温める

大泣きすればまぶたが腫れるというわけではなく、腫れるのはこするからなので、その後のケアはむくんでいるのなら、ホットタオルと冷たいタオルを使ってまぶたを温玲作用できゅっと引き締めましょう。ホットタオルはレンジで作ることが出来ますし、玲タオルは氷水につけたものを絞って出来上がり、これを交互に乗せることにより腫れたまぶたをケアすることが出来ます。

最終的にトリートメントが効果の期待大

薬指を使って、トリートメントするのも腫れたまぶたに効果的だと言われています。目尻から目頭にかけてぐるっと下側から回し、目頭から目尻へ上まぶたをぐるりと回します。アイクリームなどをつけて行うと良いでしょう。その後こめかみまでなぞって、リンパを流します。このトリートメントを行うことで腫れたまぶたをケアすることが可能です。その後、目薬などで眼球ケアも行っておきましょう。

     

暮らしのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

Beauty info

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]