list
働き女子必見!仕事とダイエットを両立させる5つの法則

働き女子必見!仕事とダイエットを両立させる5つの法則

SNSでシェアしよう!


働き女子は年々増加傾向にあり、お局様と言われてしまう年齢まで仕事をバリバリこなし、キャリアウーマンになってしまうことも。しかし外勤ならよいのですが、デスクワーク中心の仕事が主の場合は運動不足が不安ですよね。どうすれば運動も取り入れられるでしょうか。

パソコンの位置と椅子の高さ調節


まず、デスクワーク中心の人はパソコンの高さを理想の高さに設置します。これによって姿勢がよくなり、背筋が伸びるので、筋肉が適切に使われるようになります。足など組まなければ腹筋も鍛えることが可能です。


さらに椅子の高さも若干低めが良いでしょう。これも正しい姿勢を維持するために必要なことです。

体を冷やさない&仕事しながらエクササイズ


オフィスはエアコンががんがん効いていますから、冷えに悩まされる女性も多いと思いますが、冷え性はやはりダイエットの大敵です。カーディガンやブランケットで下半身を冷やさないようにするのは鉄則です。

また肩甲骨をぐるぐる回るイメージで肩を回すエクササイズや両足を片足ずつ伸ばしてつま先をあげさげするエクササイズを取り入れてむくみを防止することも必要ですね。

18時以降は食べないダイエットって実際難しい・・・


痩せる食事ダイエットとして、よく聞く「18時以降は食べないダイエット」。確かに、このダイエットは痩せる要素がたくさんありますが、正直「18時までに食事は済ませる」とか難しい方が多いと思います。
仕事が定時で終わっても18時までに食べることは難しいでしょうし、お酒などのお付き合いなどもあるので、なかなか毎日18時までに食事が終わることなんてまず厳しいですよね。



そもそもなぜ夜遅くに食事をすると太るのでしょうか?それには大きく3つの理由があるとされています。



①食事誘導熱生産の低下・・・夜遅く食べたために朝食を抜くことなど、1日の食事回数が減ることで食事誘導熱産生の消費エネルギーが減り、同じエネルギー摂取量でも太りやすくなるらしいのです。



②睡眠不足・・・夜遅く食べたため寝る時間が遅くなってしまい睡眠不足になると、食欲抑制ホルモンより食欲促進ホルモンが増えてしまうんだとか。



③「BMAL1」と被ってしまう・・・脂肪を溜め込む働きのある「BMAL1(ビーマルワン)」の値が高い時間(22時~4時)に食事を摂っている可能性があるかも。

働く女性は一体どうしたらいいの!?


18時以降食べないダイエットはできないけど、太りたくはない・・・仕事とダイエットを食事面から両立させるには、


3時のおやつをフル活用・・・3時のおやつとは、午後3時は一番BMALL値が1日で低い時間なので、「ダイエット中だけどお腹すいた」「甘いもの食べたい」はもちろん、「今日は夕ご飯が遅くなりそう」と思ったら、この時間をうまく活用することがオススメです!!

メニューの工夫が大事・・・やはり夜遅くになってしまう場合は、メニュー自体を工夫することも大事です。例えば、そばやお茶漬けなど温かくて消化がよいものや、豆腐やしらたき料理など低カロリーのものがよいでしょう。「甘いものがどうしても・・・」ってなったら、はちみつなどを少し加えたヨーグルトやグレープフルーツなどを摂るとよいようですよ!!

お風呂に入ろう・・・1日の頑張った体の疲れを癒し、良眠をとるためにお風呂に入りましょう。睡眠不足の解決はもちろんですが、お風呂に浸かって発汗することで、代謝を促して余分な老廃物などを排出できます。

最終手段はファスティング!!


時間のない、勿体無いという女性にとってベストなダイエット法としてファスティングというものがあります。プチ断食とも呼ばれていますね。
これを金曜から日曜にかけておこなうことで仕事とダイエットの両立が可能となります。ストレスを溜めずにダイエットをすれば、健康体のまま体重を落とすことができますから良いですよね。是非トライしてみましょう。

     

ダイエットのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]