list
目の下のクマ、実は1種類じゃなかった!タイプ別「対処法」

目の下のクマ、実は1種類じゃなかった!タイプ別「対処法」

SNSでシェアしよう!

目の下にあるクマ・・・あると疲れ顔に見えるし、老けても見えます。そんなクマには種類がありますが、その種類別に対処法も違うようです。

さてあなたのクマは何クマ?

黒クマの場合

色素沈着などが主な原因として起こるクマ。

むくみがちでメイクでなかなか隠せないクマが黒クマ。年齢によって出てくるので仕方ないと諦めないで!コラーゲンを投入すること、ツボ押しによって改善に導きましょう。

週に1回はピーリングを行い、レチノール配合の化粧品でコラーゲン生成を促します。茶クマと混合している場合が多いので、美白化粧品を使うのも併用しましょう。

青クマの場合

目の周囲の毛細血管が透けて見えているのが原因の青クマは睡眠不足やストレス、眼精疲労などからくることが多いのです。

トリートメント、血流を促進するとケアすることが可能です。全身の血のめぐりを良くすることで解消していきますから、アイクリームなどで保護しつつ、軽いトリートメントを行います。

こすりすぎると茶クマのように色素沈着するので注意しましょう。デリケートな部分だと言うことを忘れずに。

茶クマの場合

目をこするクセが多い人に多いのが茶クマ。ビタミンC誘導体の入ったコスメを使うことがポイントです。美白ケアを行いつつ、スキンケアの際には目の周囲をこすらないように注意しましょう。

場合によってハイドロキノンなどを使うという手段もありますが、デリケートな場所なので、濃度の低いものを試しましょう。皮膚科を受診し、処方してもらったものなら安心出来ます。

〔PR〕目の下のたるみで老け顔に・・・


     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]