list
アイプチを続けるよりも二重切開したほうがよい3つの理由

アイプチを続けるよりも二重切開したほうがよい3つの理由

SNSでシェアしよう!

多くの患者さんの支持を集める二重まぶたの手術。二重まぶたになりたい人の中には、アイプチなどの二重アイテムを活用する人もいますが、アイプチを続けるよりも二重切開の手術を受けたほうがいいこともあるのです。

どんな人が二重切開を受けるのでしょう?

もちろん、二重切開を受ける人は二重まぶたになりたいという人ですが、一般的に手術で二重になりたい人は、まず埋没法を検討するのではないでしょうか。

プチ美容に分類される埋没法は、二重ラインを作るために医療用糸を留めるだけの手術で、切開を伴いません。二重切開より手術時間やダウンタイムが短く、また費用も埋没法のほうが安く設定されていることがほとんどです。

しかし埋没法は糸が取れてしまう可能性があり、せっかく手術を受けても数ヶ月~数年で取れて一重まぶたに戻ってしまうことがあるのです。一度、埋没法を受けて一重まぶたに戻ってしまった人の場合、次に手術を受ける場合は二重切開を選ぶ人もいるようです。二重切開は基本的には元に戻りにくいので、一重まぶたに戻ってしまった経験がある方は選びやすいのかもしれません。

もちろん、最初から戻りにくい二重切開を希望する人も大勢います。また、もともとまぶたが厚い人は埋没法が向かない場合があるので、そういった場合は最初から医師に二重切開の手術を勧められることもあるでしょう。

アイプチはかぶれや色素沈着の心配が

アイプチなどの二重アイテムは、専用ののりやテープをまぶたにくっつけて二重ラインを維持する方法ですから、まぶたにかなりの負担がかかります。肌に合わないとかぶれてしまうこともあるので、慎重に使用しなくてはなりません。

また、常にまぶたに触れているために色素沈着が起こりやすくなってしまいます。一度、色素沈着してしまうとなかなかキレイに戻らないので、アイプチなどを長期にわたって使用すればまぶたが黒ずんだり茶色に変色したりする可能性があるのです。

アイプチは手間がかかって面倒という声も

普段のメイクに加えてアイプチなどのアイテムを使用するとなると当然手間がかかりますし、その分メイクの時間も長くなります。忙しい朝や時間のないお出かけ前、アイプチをしなくても二重まぶただったら、どれだけ余裕が違うでしょうか。

二重切開を受けてしまえばアイプチをする時間を省略できますし、そもそもパッチリとした二重まぶたなら、薄いメイクでも十分なのではないでしょうか。

アイプチの見た目の問題もある

アイプチを使ったことのある人もいるかもしれませんが、慣れてコツを掴むまではかなり苦戦すると思います。まぶたの形状によって、アイプチが使いやすい人もいるかとは思いますが、なかなか上手に二重まぶたにできない場合もあるでしょう。

街でアイプチをしているのが分かってしまう女性を見たことがある方もいるかもしれません。実際アイプチは至近距離だと分かってしまう可能性があるのです。アイプチをしていることが分かってしまうのが嫌、という方は二重切開を受けてしまえば自然な二重まぶたになるので、他の人が近づいてきても心配することはないでしょう。

アイプチよりも二重切開が良いという点はたくさんありますが、先程も申し上げた通り二重切開を受けると元に戻すことは基本的には出来ませんので、勢いで手術を受けてしまうことがないよう、よく考えて決断しましょう。

メールやカウンセリングでドクターに相談することができるクリニックは多いので、少しでも不安がある方はご相談されることをおすすめいたします。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
  • fotolia

監修者

患者様の美しくなりたいという希望を叶えるために、数ある治療方法の中から最適な治療方法をご提案させて頂き、外見だけではなく内面からも美しく輝けるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

PR

Related Posts

Beauty info

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧