list
顔のエラをなくすにはどうすればいい?顔のエラの原因と対処法とは

顔のエラをなくすにはどうすればいい?顔のエラの原因と対処法とは

SNSでシェアしよう!

顔のエラが張っている、ベースを作ってどうにかならないかな、大顔に見えるな、と悩んでいる女性も多いでしょう。しかしそのエラ、骨格のせいにしていませんか?実は骨格が原因ではない可能性は高いです。

というよりも、骨格でエラが張っている可能性のほうが低いのです。実はそれ、咬筋という筋肉が発達しているだけかもしれません。そうなると、エラ張りは自然と解消できるでしょう。

咬筋が凝っている可能性が高い

ギュッとかみしめたときにエラが張ってしまう場合、咬筋が凝っている場合が多いです。トリートメントを行い、咬筋を緩め、ほぐすことによりエラ張りを改善に導くことができると言われています。

咬筋というものの存在を今まで知らなかったからこそ、自分は骨格のせい、生まれつきにエラが張っていると思い込んでいた女性もすぐに実践してみましょう。

エラトリートメントを行いましょう。

エラの張っている部分を抑え、顎の関節に指を置いて、大きな声で口を動かします。耳の後ろまで撫で上げて、頬骨の最も高いところで中指の腹で頬骨を持ち上げます。

エラが張っている部分は特に念入りに上へリフトアップさせましょう。

左右の咬筋をトリートメント

左右の咬筋に指をあて、くるくると回すようにトリートメントするのも有効です。エラを包み込むように手のひらで全体を持ち上げ、じっくり顔全体をリフトアップします。

お風呂など血行のよくなっている時間帯に行うのが効果的だと言われていますから、エラが張っていると思っている女性は湯船につかりながら、もしくはお風呂上りにトリートメントを行ってみるとよいでしょう。

難しいと感じる人は、一度雑誌などを読みながら練習を繰り返してみましょう。一度覚えてしまうと簡単なトリートメントなので、湯船につかりながらでも行うことができます。

食いしばりをやめること

ギュッと噛んでしまうこと多い人にはエラが張る要因があります。食いしばりをやめることが一番ですが、デスクワークをしていてパソコンにのめり込んでいるといつの間にか歯をギュッと食いしばっている女性もクセになっているということもあるでしょう。

また歯ぎしりで寝ている最中に歯を食いしばっていることもあるので、枕で調整するのも良い方法です。筋肉の緊張を解くために首や肩の筋肉が和らぐタオルで作った枕で自分だけのベストな高さの枕を作るのも有効な手段でしょう。

大判のタオルをくるくると巻いただけの枕ですが、高すぎず低すぎずの枕を作ることで首や肩に負担をかけず、歯ぎしりを予防することができます。

     

小顔(あご/輪郭)のキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

お肌の悩み事なら『城本クリニック』へ【PR】

お肌の悩み事なら
『城本クリニック』へ[PR]