list
話題の水素水の正体について科学します

話題の水素水の正体について科学します

SNSでシェアしよう!

各種メディアで話題の水素水。最近ではコンビニやドラッグストアで必ず見かける商品になるくらいのブームになっています。

その一方で、全く効果がないという記事も数多く見られており、一般の方は判断に迷うことも多いと思います。

今回は、そんな水素水について科学してみたいと思います。

水素水とは

水素「水」ですので、基本は水です。通常の水との違いは、通常の水に一定以上の水素が溶け込んでいるかどうかです。
濃度についての明確な基準は見当たりませんが、0.02ppm以上水素が溶けている水を水素水と定義している団体があります。

水素が水に溶け込むことができる限界が1.6ppmであることを考えると、0.02ppmというのはそれほど高い数値ではないように感じます。大手飲料メーカーや大手整水器メーカーで0.2~0.5ppm前後の水素含有量をもって水素水と定義づけているようですので、そのあたりが参考になりそうです。

水素水の効果は、2007年頃から人体への効果に対する論文が発表されるようになり、現在では抗酸化作用・炎症抑制効果・アレルギー抑制効果など様々なものが謳われています。
現在では様々なメーカーから販売されており、水素水という飲料として完成したものや、自分で水道水から作る水素水生成器という形で発売していることが多いようです。

水素水の正体はアルカリイオン水

水素水の正体はアルカリイオン水

アルカリイオン水と呼ばれる水があります。簡潔に説明すると水を電気分解することでことで発生するもので、かなり昔から認知されているものです。

厚生労働省から胃腸症状(胃もたれ・むかつきなど)の改善の効能があるという認定を受けています。その反面、アルカリイオン生成器は医療器具に該当するため、製造・販売を行うには厚生労働省の許可が必要にもなっています。

アルカリイオン水を生成する過程で水素が発生することは知られていたため、実は水素水というのはそれほど新しい概念ではありません。水素の人体への効果についての論文などが発表され、その効果を高く謳う医師などが出てきたため、一気に注目されてきただけなのです。

水素水の美容効果

水素水には美容効果があると言われています。
水素の持つ抗酸化作用と呼ばれるものが、体内のサビと呼ばれることもある活性酸素というものの生成を抑えて様々な効果を発揮してくれるそうです。活性酸素の生成が抑えられることによって、流れの悪かった血流が改善し、代謝が上がり、体全体が活性化されるのです。

ある研究によると、細胞内の遺伝子に働きかけることによって脂肪の代謝が上がり、ダイエット効果も期待できるとも言われています。

ただ、これらの効果に関する報告では、科学的根拠が乏しいものも少なくありませんので、今後さらなる研究が期待されています。

水素水の疑問点

水素水の疑問点

水素水については、医学的な効果があると報告している論文のかなり多くの割合が日本と中国からしか出ていないということなど、様々な疑問点も挙げられています。

他にも、水素ガスと水素水を混同して考え、水素ガスの効果や効能を水素水に強引に当てはめているような宣伝広告も少なくありません。水素水と水素ガスは全く別物と考える必要があります。

水素水を販売している大手飲料メーカーのHPを見てみると、ボトル充填時には2ppm以上という高い水素濃度については強調しているのですが、販売している水素水の効能についてはあまり語られていません。

水素水を作り出す大手整水器メーカーのHPを見てみても同様で、水素水はアルカリイオン水と同じという説明があるだけで、水素水単独での効果に関しては言及されていません。

これらは水素水が医薬品ではないために医学的効能をアピールできないという事情もありますが、それと同時に明確な医学的効果が確認されていないということだとも考えられます。

水素水との向き合い方

水素水との向き合い方

水素自体は食品添加物としても認めらているものなので、安全性に関しては問題ないと言われています。

溶け込むことができる濃度や、水として摂取できる量を考えれば、安全性に関しては問題ありませんが、ブームの時には悪質な業者も少なからず出てくるのが常ですので、製造過程などに問題がないとは言い切れません。

購入する場合には信頼できる業者・ブランドを選ぶようにすると良いと思います。


また上にも書きましたが、水素水の明確な効果が証明されているわけではありません。気分転換に少し贅沢して飲んでみるという嗜好品としての選択であれば良いと思いますが、人体への医学的効果を期待して通常よりも高い金額を払うかどうかは悩ましいところです。

水素水を毎日飲むことで効果を感じている方の多くは、今までも存在していたアルカリイオン水での効能が期待されている胃腸症状が改善しているだけか、元々の脱水状態が改善しただけなのかもしれません。

医薬品ではない以上、水素水に高い医学的効果を期待して飲むのではなく、美容を目的とした嗜好品として取り入れるのが良いでしょう。

     

女磨きのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
  • fotolia

執筆者

1999年産業医科大学医学部医学科卒業。湘南美容外科本院にて脂肪吸引・麻酔の医長、品川美容外科・城本クリニックで院長を歴任。2016年4月キルシェクリニックを開院。日本麻酔科学会専門医、日本麻酔科学会指導医。時間をかけた丁寧なカウンセリングと細やかな施術には定評がある。

PR

Related Posts

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧