list
コロナ太りにもおすすめ!日常生活でできるお手軽エクササイズ3つ

コロナ太りにもおすすめ!日常生活でできるお手軽エクササイズ3つ

SNSでシェアしよう!

きゅっと締まったウエストは、女性の憧れでもありますね。コロナ禍のおうち時間でぽっこりお腹にお悩みではありませんか?メリハリボディを取り戻すためには、くびれは重要です!

そこで日常生活で取り入れられる簡単なくびれGET法をご紹介しましょう。誰でも、いつでも、どこでもできる簡単な方法が3つあります。

1. ドローインでくびれ作り!

まず最初に最も簡単なくびれ作りとしてドローインというものがあります。30秒くらいお腹を凹ませた状態をキープしつつ、呼吸をするというエクササイズです。

運動が苦手な方、ケガや病気で運動ができない方でもできますし、いつでもどこでもできる手軽な運動として、ダイエッターの女子にはお馴染みの方法です。横になっている時、家事をしている最中、料理で材料を切っている最中、リモートワークでのお仕事中などに行うと良いでしょう。おへその上を注意してお腹をへこませると効果が期待できます

腹筋ではアウターマッスルが鍛えられますが、ドローインはインナーマッスルを鍛えぽっこりお腹も解消できるとされています。

2. ひねる運動でくびれに近づく!

実は腹筋をするだけではくびれは作れないのです。もちろん腹筋がつきますからお腹は凹みますが、くびれにはまだまだ遠いですから日常生活でねじるという運動を取り入れましょう。

食器を洗っている最中や、歯磨きをしているとき、足はそのままで上半身をねじる、左右に交互に行いましょう。ねじる行為こそがくびれを作ることが出来るのです。

3. 寝る前にもくびれエクササイズ!

くびれを作るために、寝る前にもおすすめのエクササイズがあります。寝る前ですのであまり激しくないエクササイズが効果的です。

ベッドの上でうつ伏せになり、腕の力を使って反りあがります。その後、体を左右にひねります。無理のない範囲で行うことが重要です。背中のストレッチにもなりますし、バストアップの効果も期待できますから、是非習慣にしてみましょう。

また、寝ながら腹筋も効果的です。仰向けに寝た状態で、太ももの付け根と膝と足首を90度に曲げます。このとき両ひざをくっつけるのがポイントです。そのままの状態で、膝をゆっくり左右に倒し20回程度行うことで、くびれに効果的です。

いずれも日常生活で簡単にできるエクササイズです。無理の無い範囲で行ってみるとくびれに一歩近づきます!

     

ダイエットのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧