list
パーソナルカラー診断

好きな色と似合う色は違う!?話題のパーソナルカラー診断ってどうやるの?

SNSでシェアしよう!

体系や髪型が似てる友達が着ていた素敵な服、自分も着てみたら全然しっくりこなかった…ということ、ありますよね。それはパーソナルカラーの違いが原因かも。
大好きな色のファッションや髪色も、自分のパーソナルカラーに合っていなければ、顔色が悪く見えたりくすんだ印象を与えたりと、自分の魅力を下げてしまうこともあるんです。
逆に自分に似合う、生き生きとさせてくれるカラーを知っていれば、メイクやファッションももっと楽しめますよ!

パーソナルカラー診断とは

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った肌や髪や瞳などの色味と調和する色、つまり似合う色味のことです。
パーソナルカラー診断は、そのパーソナルカラーがどんな色なのかを一人ひとり診断すること。
診断には知識やアイテムが必要なので、診断できるスタッフがいるビューティーサロンなどで見てもらうのが一般的です。
サロンのほかにも百貨店や美容院、WEBの簡易診断も無料で受けることができますよ。

パーソナルカラーは大きく分けて、2タイプ。
黄色がかった肌色、茶色の瞳や髪などが特徴的な「イエローベース」
ピンクがかった肌色、黒色の瞳や髪が貴重となる「ブルーベース」が知られています。
最近はイエローベースを「イエベ」、ブルーベースを「ブルべ」と省略した呼び方も定着してきていますね。

ファンデーションやチークなどのコスメを選ぶ際に、自分はどちらのタイプなのか、おおよそ把握している方が多いでしょう。

「イエローベース」と「ブルーベース」

4つのパーソナルカラー(春・夏・秋・冬)

パーソナルカラーは、さらに四季(春・夏・秋・冬)をイメージする4つのグループに大別されます。

前述のベースカラー、イエローベースとブルーベースのうち、明るい色と落ち着いた色で、さらにタイプが分かれるのです。

●イエローベース
明るい「スプリング」
落ち着いた「オータム」

●ブルーベース
鮮やか「サマー」
スモーキー「ウィンター」

パーソナルカラーに合った色を身にまとうメリット

似合う色が顔の近くにあるだけで、雰囲気が大きく左右されます。

・肌が明るく若々しくキレイに見える
・洗練された雰囲気や透明感、清潔感が感じられる
・瞳やメイクの色が映え、より美しく見える

高級なドレスより、似合う色のシャツ1枚だけで、いい女度がアップするんです!

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断はどうやってやるの?

WEBなどの簡易診断は、自分で該当するかどうか答えていくことで、どんなタイプに所属するのか診断結果が得られます。

一方、専門サロンでは、パーソナルカラー診断のための特別なアイテムが揃っています。その分、詳しく、より客観的に診断することができますよ。

専門サロンでの診断では、テストカラーという、様々な色の布(ドレープ)を顔のそばにあて、顔写りがどう変わるか鏡を見ながら確かめます。
例えばピンクといっても、春・夏・秋・冬、それぞれ異なる色味のピンクがあり、それぞれ明るさ・鮮やかさ・濃さが異なる様々な色味を近づけて、より肌や顔がきれいに見える色を探っていきます。
他にも、肌や瞳を見たり、質問に答えたりするほか、肌色を客観的に診断するスケールで分析したりします。

パーソナルカラー診断を受ける際は、生まれつきの肌や瞳の色が重要になるため、メイクを落とした状態にして、カラーコンタクトやアクセサリーは外します。

もしサロンに行かずに、自分で診断する場合は、注意が必要です。というのも、自分自身では「好きな色」「似合う色」に思い込みなどがあり、自己診断だけで正確にパーソナルカラーを見つけるのは難しいとも言われているからです。そのため、自己診断する場合は、正直に言ってくれる友達などの意見も参考にするとよいでしょう。

自分に似合う色は、年齢とともに変わる!

自分に映える色、相性のいい色を知ることで、自分の魅力を上手に引き出すテクニックが増えて、おしゃれももっと楽しめるようになりますね!

なお加齢とともに肌や瞳の色も変わり、しわが増えたりすると、似合う色は変化していきます。
ですから過去にパーソナルカラー診断を受けたという方も、今似合う色を知るために、また受けてみるといいですね。

     

女磨きのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック