list
起きたら顔パンパン!寝起きのむくみ顔の原因と解消法

朝起きたら顔がパンパン!寝起きのむくみ顔の原因と解消法

SNSでシェアしよう!

朝起きて洗面所に立ったら顔がぱんぱんに!なんてことを経験した女性は多いのでは?何故寝起きの顔は浮腫むのでしょうか?

その原因の多くはアルコールや塩分の摂り過ぎと言われています。浮腫みの原因と解消法まで詳しく説明していきましょう。

アルコールの飲みすぎが原因…?

最も多い理由が前日にアルコールを飲みすぎているということです。アルコールは利尿作用があるのですが、その後水分をためこむ性質を持っています。人間の体は60%が水分であると言われていますよね。

アルコールを飲みすぎることで、利尿作用が働き、水分が不足します。その結果、体が脱水症状となり、血管内に水分を保とうとすることで浮腫みます。またアルコールと同時に塩分の強いおつまみを食べることで体内の塩分濃度を保つために、体が水分を溜め込もうとする働きが生まれます。むくんでいる女性はこの作用により体が余分な水分を溜め込んでいる証拠なんです。

糖分と塩分の取りすぎに要注意!!

また、アルコールを飲まなくても、塩分過多の食事を続けていると塩分の濃度を保とうとして体が水分をキープしたままになってしまいます。つまり前日塩分の多いものを食べたら、朝むくむというわけですね。

同時に糖分の摂り過ぎも浮腫みにつながります。糖分は水分を蓄える性質があるので、スイーツを食べ過ぎることでむくむ原因となります。

むくみ解消に効果が期待できるのは?

むくみの解消には、顔の代謝を上げる必要があります。セルフケアで浮腫みを解消するためにはまず、温かい蒸しタオルと冷たくしぼったタオルを用意します。これを交互に顔にあてます。温かいタオルを10秒、冷たいタオルを10秒、繰り返し当てて顔の新陳代謝を促進させます。

タオルの用意がめんどくさい!という場合は、冷たい水と温かい水で交互に洗顔を行うことも効果的です。

一時的にではありますが、むくみが改善に導かれます。または首を回すというトリートメント法もありますが、やはり一番効果が期待できるのが食事内容の改善でしょう。むくまないために、適度なアルコール、適度な塩分、適度な糖分を心がけることが大切なんですね。

     

小顔(あご/輪郭)のキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック