list
筋肉と脂肪。同じ重さでも大きさが全然違うって知ってた!?

筋肉と脂肪。同じ重さでも大きさが全然違うって知ってた!?

SNSでシェアしよう!

筋肉が脂肪になることはないと言われています。その逆も同じく、脂肪が筋肉に変わることはありません。また脂肪と筋肉は重さが違い、同じ重さでも量が違うので、ダイエットはその点を注意して行うべきでしょう。

同じ体重でスタイルが違って見える人は?

筋肉の重さは脂肪の重さと比べると1.1=0.9と言われています。エクササイズをして、最初は体重が増えるので、何でだろうと思ったことはありませんか?それは筋肉が増えたからなんですね。

運動をすると筋肉量が増えると覚えておきましょう。体重が増えたから太ったというわけではなく、引き締まったといったほうが良いでしょう。

短期間で体重が落ちるのはダイエットミス

体重が落ちるということは筋肉が落ちたということになります。ダイエットの意味で言えばリバウンドしやすい状態になっているのです。筋肉と脂肪は比べると筋肉のほうが重たいので、みかけが細くても体重が重たい人は大勢いるようですよ。

スタイルが良くても細く見える人、でも体重が重たい人、体重が軽いけれど見た目太って見える人、それぞれ違いがあるのです。

数ヶ月単位のダイエットがオススメ

筋肉と脂肪は全く異なるものです。運動をしなければ少しずつ筋肉は落ちていき、消費カロリーが減りますから当然脂肪がつきます。それで太ってしまうのです。

適切な筋トレを地道に続けていくと、筋肉量が増えて、体重が増えますが、それだけ消費カロリーが大きくなり痩せてきますから、体重とは関係なく体が引き締まってきます。これは数ヶ月単位で見ておくと良いでしょう。筋肉は1日2日でつくものではありませんからね。

     

ダイエットのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
fotolia 

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック