list
食べても食べてもすぐお腹が減ってしまう理由とは?

食べても食べてもすぐお腹が減ってしまう理由とは?

SNSでシェアしよう!

食欲があるというのは自然原理で良いことです。健康的とも言えます。

しかし食べても食べても、直後にすぐお腹がすいてしまうということはありませんか?もし思い当たるなら、注意したいことがあります。

食事の代わりがお菓子

先ほどたくさん食事を食べたのに、すぐにお腹がすくということは、異常現象です。

しかしそれには理由がきちんとあり、血糖値が関わっていると言えます。血糖値が急激にアップするのはインスリンが大量分泌されるからです。お菓子を食事代わりにしているとカロリーはお菓子と料理、同じ数字だとしても、糖質は血糖値を急激にアップさせるのですぐにお腹がすきます。

サラダを食べよう

サラダ、毎食食べていますか?肥満を防ぐ意味でも多く野菜を摂りましょう。

特に葉物野菜はビタミンKによりインスリンを正常にする作用を持っています。ですからより積極的に食べたい野菜です。お浸しにしても良いですし、サラダに混ぜても美味しいです。

缶詰を利用する料理が多い

自炊している、という女子に多いのですが、缶詰に頼っている可能性があります。自炊するのはエネルギー的にも栄養バランス的にも好ましいのですが、缶詰食品を利用した料理だと、缶の内側から健康に害がある物質が溶け出ているという報告があります。

缶詰だけで食事をするのを避け、水をたっぷり飲んで、お腹を満たすようにしましょう。きちんとした自炊をするのであれば、生野菜、果物を買ってきて、調味料を自分で味付けして作るようにしましょう。

     

暮らしのキーワード

SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

PR

おすすめ記事

New topics

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧
城本クリニック