list
豊胸手術の種類による見た目・触り心地について

豊胸手術の種類による見た目・触り心地について

SNSでシェアしよう!

あなたが豊胸手術を受けようと思ったとき、痛みやコスト、ダウンタイムなども心配だと思いますが、見た目や触り心地も気になると思います。
せっかく豊胸手術をしたのに、見た目や感触でバレてしまったということでは、手術を受けた意味がありませんよね。
そこでここでは気になる豊胸手術後のバストの、見た目&感触についてまとめてみました。

■3大豊胸手術を知る

■3大豊胸手術を知る

豊胸手術と言ってもいくつか種類があることはみなさんも知っていると思います。どんな手術があるのか、まずはおさらいしてみましょう。

・ヒアルロン酸注入

プチ整形でお馴染みのヒアルロン酸をバストに注入する方法です。注射だけの方法ですから、ダウンタイムがないのは大きなメリットだと思います。
ただし、時間の経過と共に注入したヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、効果の持続性は他のものに比べると低いものです。

・脂肪注入

別の部位から吸引した自分の脂肪をバストに注入する方法です。
自分の脂肪ですからアレルギーの心配がありませんが、注入した脂肪が一部吸収されるため、あまり大きなボリュームアップができないという欠点があります。


・豊胸バッグ

希望するサイズに合わせた豊胸バッグを挿入する方法は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入では不可能な、かなり大きいサイズも実現できるというメリットがあります。
入れ替えが必要になる可能性もゼロではありませんが、効果の持続が長いのは大きなメリットと言えるでしょう。

■気になる見た目と触り心地

■気になる見た目と触り心地

豊胸手術の種類別に見た目や触り心地について見ていきたいと思います。

・硬さが気になるヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入の場合、あまりにもたくさんのヒアルロン酸を注入しなければ見た目でバレることはなさそうです。
ただし、バストに注入するヒアルロン酸は脂肪細胞よりも粒子が大きく硬いので、触ったとき違和感を感じる可能性があるのです。

しかし粒子が細かいヒアルロン酸ほど吸収率が高まるので、大きな粒子のヒアルロン酸を使う方が変化が持続しやすいと考えておきましょう。
ちなみに、もともとバストサイズが小さい人ほど硬くなりやすく、比較的バストが大きくある程度の脂肪がついている人ほど、バレにくいと言われています。

・自然な仕上がりの脂肪注入

自分の脂肪ですから、見た目や感触も自然だと言われています。
ただ、術後1ヶ月程度は腫れもあり、感触もそこまで柔らかくありません。

また、稀に一緒に注入された血液や水分などによる石灰化でしこりができてしまうこともあるので、そういったケースでは感触に違和感が出てしまうかもしれません。
小さいしこりであれば、時間の経過とともに体内に吸収されてしましますが、大きなしこりが残ってしまった場合は、処置によって取り除く必要が出てきます。

・サイズが重要となる豊胸バッグ

よく豊胸バッグを入れたバストは見た目や触り心地ですぐわかる、という噂もありますが、最近では豊胸バッグも改良が重ねられ、かなりナチュラルな仕上がりになります。

しかし、それは豊胸バッグの種類やサイズが適切ということが前提条件になりますから、無理に大きなバッグを挿入してしまうと、見た目や感触でバレてしまうでしょう。
特に、もともとバストが小さい人は硬く感じることもあるので、しっかり医師とサイズを相談する必要がありそうです。
また豊胸バッグは拘縮といって、豊胸バッグの周りに膜ができて硬くなる場合もあるので、その際は何かしら処置が必要になってきます。

     
SNSでシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kirecolaの最新情報をお届け

Photo by 
  • fotolia

監修者

「来てよかった」そう言っていただけるような治療を目指して。 当院は、構造改革特別区域法に基づく高度美容外科医療を実践する日本で唯一のクリニックです。

PR

おすすめ記事

Doctor

ドクター一覧を見る

Ranking

ランキングをもっと見る

キレコラ公式ドクター監修記事一覧

Editor's pick

キレコラ公式ドクター監修記事一覧